ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

受講生の声・M.Yさん

第2章 受験対策直前講座はお勧め

ワイン受験.comの動画と「基礎からの受験対策講座」は、基本的に内容は同じですので、教室に通えなくても不安になる必要はなく、動画を見れば大丈夫です。

ただ、山崎先生の雑談(ワイン好きならとても興味深い話ばかりです)を聞く、授業前後に自習できる時間があるので強制的に勉強時間を確保できる、小瓶交換会などがあるといった点は通学のよい点ですので、私は自分が苦手なところはワイン受験.comの動画を見るだけでなく、「基礎からの受験対策講座」も取って、直接山崎先生の講座を受講しました。

受験対策直前講座」は、かなりお勧めです。「受験対策直前講座」で山崎先生が「ここは見直しておいて」とおっしゃったポイントから数多く本番で出ました。この講座に出ていなかったら、1次試験通過は難しかっただろうと感じています。

直前の勉強方法

7月後半から、模試の受験を開始しました。

  • 問題を印刷
  • web上で問題を解く
  • 回答を表示
  • 回答を印刷

という流れで行いました。間違った問題については、その部分の教本を読み直し、その章の問題集を解きなおすということを行いました。模擬試験を受けた後の見直しに時間を割いたため、模擬試験を受けた回数自体はそれほど多くなく、10回程度だったと記憶しています。判定もCやDがほとんどという状態で1度目の試験を迎えました。

試験当日

本番の試験を1度しか受けていない状況での感覚ですが、ほとんどの問題は「ワイン受験.com」で見たことがある問題でした。ただ、自分の記憶が曖昧で二択までは絞れたけれど、どっちだったか。。。ということで迷った問題は多かったです。ワイン受験.comの問題の方が、実際の試験よりも少し難しい印象でした。