ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

山崎和夫の模擬試験2017

ソムリエ、ワインエキスパート模擬試験

ワイン受験.comの模擬試験は、本番と同じ難易度の模擬試験です。自分の実力を正確に見極めることができます。

過去20年くらいの出題傾向を綿密に分析して作っています。出やすいところが良く出るように作られているため、何度もやっているうちに、どの部分が重要なのかということが、少しずつ自然と見えてきます。

ITを駆使した模擬試験です

毎回問題は変わります。また、正解の番号と不正解の選択肢もシャッフルされますので、やるたびに異なった模擬試験が表示されます。

紙の模擬試験では、一度やると正解の順番を何となく覚えてしまい、もうトレーニングになりません。しかしこの模擬試験は、何回でも新鮮な気持ちで挑戦できます。

合格判定機能があります

合格可能性判定を行うこともできます。判定は大学受験模試と同じように、

A判定
合格可能性80%以上
B判定
合格可能性60%〜79%
C判定
合格可能性40%〜59%
D判定
合格可能性40%未満

と表示されます。7月末の時点でC判定が取れるようになれば十分に勝算はあります。がんばってください。

問題用紙の表示

模擬試験のご利用には、ご利用の申込 が必要です。また、出題の傾向がソムリエとワインエキスパートで異なりますので、模擬試験は別々に用意されています。

新しい模擬試験にチャレンジするときには、問題用紙の左上にある「新しい問題を表示」ボタンをクリックしてください。システムが問題を選び直して、新しい模擬試験を表示します。

アドバイス

時間を計りましょう

模擬試験は時間を計ってやりましょう。ワイン受験.comの模擬試験は100問なので、40分を目安に解けるようになってください。そうすれば本番では120問を50分くらいのペースで解け、20分くらい時間が余るので見直す時間も取れます。

印刷しましょう

模擬試験をやる時は時間がかかりますので、印刷して取り組むことをおすすめします。問題または解答を表示させた後、ブラウザの印刷機能で印刷するだけでOKです。すっきりしたレイアウトで印刷されるように作っています。ぜひ印刷してじっくり問題と向き合ってみてください。

問題を印刷する時には、必ず合わせて正解も印刷しておいてください。そうしないと、新しい問題を表示してしまうと、古い問題の正解がわからなくなってしまいます。