ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

その他のコメントの仕方 4. グラス

4. グラス

そのワインをおいしく飲むために適切なグラスの大きさを判断します。

度合い二次試験で使われる用語
1小ぶり
2中庸
3大ぶり

ここは、日本ソムリエ協会教本の「ソムリエの職責とサービス実技」の章に基本となる考え方が解説されていますので、まず一読してください。特にP.583「グラスの選択」を読みましょう。

大ざっぱな考え方としては、ワインが軽めの時は小ぶり、重めの時は大ぶりを選択します。

試験テクニック

白ワイン

原則として「中庸」を選択しましょう。

赤ワイン

軽めのワインの時は「中庸」を選択しましょう。重めのワインの時は「大ぶり」を選択しましょう。どちらか迷った時は「中庸」をおすすめします。