ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

外観のコメントの仕方 2. 色調と濃淡

2. 色調と濃淡

色調と濃淡、この2つを合わせてワインという液体の色度と明度を表していると考えてください。ソムリエ、ワインエキスパート二次試験では下記のような用語で表現します。

色調(白ワイン)

度合い二次試験で使われる用語
1レモンイエロー
2イエロー
3黄金色

大ざっぱに言うと、白ワインは、若いときはだいたい度合い1の色調です。そして古くなるにつれて度合い2、3へと色調が変化していきます。

色調(白ワイン・補助的な用語)

度合い二次試験で使われる用語
1グリーンがかった
2黄金色がかった

複数個の回答を求められている時は、「グリーンがかった」「レモンイエロー」のように補助的な用語を組み合わせて回答します。

色調(赤ワイン)

度合い二次試験で使われる用語意味
1ルビー紫がかった淡い赤
2ガーネット紫がかった濃い赤
3レンガオレンジがかった赤

赤ワインの色調の表現は、WSETなど国際的なワイン検定と、日本のソムリエ試験では異なりますのでご注意ください。WSETでは、赤ワインが熟成につれて退色し、紫色から褐色の方向に変化する様を ルビー → ガーネット → トーニー と表現します。したがって、ルビーは若いワインの色調で紫色の成分が強く、ガーネットであればもう紫色の成分は見られず、トーニーは熟成したワインの色調でオレンジ色の成分が強くなります。

しかしソムリエ試験では、ルビーとガーネットはどちらも紫がかった若いワインの色調を表します。そして淡い色調をルビー、濃い色調をガーネットと表現します。熟成したワインの色調はレンガです。

大ざっぱに言うと、赤ワインは、若いときは度合い1または2の色調です。どちらの色調になるかはブドウ品種、つまり果皮に含まれている色素によってだいたい決まります。そして、古くなるにつれて度合い3へと色調が変化していきます。

色調(赤ワイン・補助的な用語)

度合い二次試験で使われる用語
1紫がかった
2黒みを帯びた
3オレンジがかった

複数個の回答を求められている時は、「紫がかった」「ルビー」のように補助的な用語を組み合わせて回答します。

濃淡

度合い二次試験で使われる用語
1薄い(無色に近い)
2白ワイン: 淡い
赤ワイン: 明るい
3やや明るい(赤ワインのみ)
4やや濃い
5濃い
6非常に濃い

「薄い」と「淡い」はどう違うの? などと疑問を抱かれるかもしれません。少なくとも国語辞書によると、両者の日本語の意味はほぼ同じです。しかし、ソムリエ、ワインエキスパート二次試験では、この言葉の違いで微妙な差を表していると考えてください。。

試験テクニック

白ワイン

ソムリエ、ワインエキスパート二次試験に出題される白ワインは、ほとんどの場合若いワインなので、少し緑がかった黄色の淡いワインです。したがって通常は、色調は「レモンイエロー」を選択しましょう。

回答を2つ選択できる場合には、合わせて「グリーンがかった」を選択しましょう。

そして濃淡は、見た目に応じて度合い2または4を選択してください。迷ったら「淡い」をおすすめします。

赤ワイン

ソムリエ、ワインエキスパート二次試験に出題される赤ワインは、ほとんどの場合若いワインなので、少し紫がかった色調のワインです。したがって色調は、色が淡いワインの場合には「ルビー」を、色が濃いワインの場合には「ガーネット」を選択しましょう。中間的な濃さでどちらか迷ったら「ガーネット」をおすすめします。

回答を2つ選択できる場合には、合わせて「紫がかった」を選択しましょう。

そして濃淡は、見た目に応じて度合い3、4、5の中から選択してください。迷ったら「やや濃い」をおすすめします。