ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

ソムリエ二次試験、味わいのコメント、酸味

ソムリエ、ワインエキスパート二次試験では、ワインの酸味は下記のような用語で表現します。

白ワイン

度合い二次試験で使われる用語
1なめらかな
2生き生きとした
3爽やかな
4堅い
5シャープな
6力強い

赤ワイン

度合い二次試験で使われる用語
1なめらかな
2生き生きとした
3爽やかな
4堅い
5シャープな
6力強い

WSETなど国際的なワイン検定では、酸味の強さは、低い→やや低い→中程度→やや強い→強い、と分かりやすく度合いを表現するのに対し、ソムリエ、ワインエキスパート二次試験で使われる用語は難しいです。また、白ワインと赤ワインで用いられている用語が微妙に異なります。

これは「形容表現を用いる」というソムリエ協会の基本方針のためです。国際的なソムリエコンクールなどでは、「中程度」のような度合いの表現は「爽やかな」というような形容表現に置き換えて表現することが求められます。

試験テクニック

白ワイン

原則として下記のように回答しましょう。どちらか迷ったら「爽やかな」と回答されることをおすすめします。

  • 軽めの白: 爽やかな
  • 重めの白: なめらかな

赤ワイン

原則としてワインを問わず「なめらかな」を選択しましょう。一番無難な回答です。