ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

受講生の声・なんなんさん

第2章 ワインエキスパート受験を決意

ワイン検定合格後、ワインエキスパートを受験しようかしばらく迷いました。まずは情報収集し、ワインスクールで一次、二次試験の対策講座があることが分かりましたが、費用が二桁万円。しかも毎週通わないと行けない。これは無理。

では、スクールに通わず独学ではどうかと検討し、再び情報収集したところワイン受験.com を発見しました。

このサイトには合格率やオススメの参考書など、知りたい情報が全て載っていて、今後の勉強方法を全体的にイメージすることができました(このとき2018年12月)。

一次試験(筆記)に向けて

まず一次試験に向けて、ひたすら暗記しないといけないのですが、ソムリエ協会の教本が手に入る時期は早くて3月なので、ワイン受験.com オススメの参考書「受験のプロに教わるソムリエ試験対策講座2018年度版」を購入しました。

ワイン受験.com によると「とりありずこの本だけをひたすらやる事です。そして最後の最後、7月くらいになってからソムリエ協会の教本を補助的に使い、足りない知識を補う事。」とのことでした。

教本は範囲が広く覚え辛いのですが、この参考書は重要ポイントがまとまっていて読みやすい構成になってます。ちなみに毎年4月に新年度の改訂版が出るのでこれも買った方が良いです。

さらにオススメの「ワイン受験ゴロ合わせ暗記法」を購入しました。ボルドーの格付けなどを覚えるのに最適です。

参考書をある程度覚えたら、ワイン受験.com の問題集や模擬試験(有料)で理解度チェックしました。