ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

ポルトガル・ポートワイン

日本ソムリエ協会教本2017 P.502〜522

ポートワイン

概要と製法(重要度B)

まずはP.510左上〜右下を何回か読み、ポートワインの概要と製法を簡潔に覚えましょう。

例題: 次の中からポルトガルのポートワインの畑の分類(土地台帳に基づくポイント制度)の名称を選択してください。

  1. アデガ
  2. カダストロ
  3. ベネフィシオ
  4. ラガール

正解: 2

スペシャルタイプ(重要度A)

下記のポートはスペシャルタイプと言い、重要です。特徴を頭に入れておきましょう。特にIVDPに申請するタイミングと、ビン詰めの時期に注意し、下記の4種を正確に区別できるようになってください。

  • ルビー色(赤紫色)のポート
    • ヴィンテージ・ポート(P.510左下)
    • レイト・ボトルド・ヴィンテージ・ポート(P.510右上)
  • トウニー色(黄褐色)のポート
    • 熟成年数表示トウニー・ポート(P.510右上)
    • コリェイタ(P.510右中)

例題: 次の説明に最も良く合致するポルトガルのポートワインの名称を選んでください。 「収穫から4年目の7月から6年目の年末までに濾過したのち瓶に詰められ、収穫年の表示が必要とされる。」

  1. コリェイタ
  2. レイト・ボトルド・ヴィンテージ・ポート
  3. トウニー・ポート
  4. ライト・ドライ・ホワイト・ポート

正解: 2

例題: 次の説明に最も良く合致するポルトガルのポートワインの名称を選んでください。 「収穫から3年目の7月から年末までにIVDPに申請し承認を得て、瓶詰めは7年後から行い、収穫年とともに瓶詰めの年も表示する。」

  1. ヴィンテージ・キャラクター
  2. コリェイタ
  3. レイト・ボトルド・ヴィンテージ・ポート
  4. ヴィンテージ・ポート

正解: 2

問題集をやりましょう

要点を一通り整理したらワイン受験.comの問題集をやりましょう。問題を解くと、問われるポイントが具体的にわかります。そのため、問題を解きながら覚えるのが一番効率の良いやり方です。最初は教本を見ながら1問ずつ解きましょう。

ワイン受験.comの問題集には、出題の可能性があるほとんど全ての問題を用意しています。2016年の一次試験の出題の95%以上は、問題集に入っている問題でした。問題集をきちんとやれば、必ず合格できます。