ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

日本・産地(その他)

日本ソムリエ協会教本2017 P.75〜81

注: ソムリエ協会教本は2017年に日本の章が大幅に書き直されました。参考書や過去の出題は当てになりません。なるべくソムリエ協会の教本で勉強しましょう。

北海道

山梨県、長野県と同じくここも2015年度の教本で全面的に書き直されました。ここからも1問出るかもしれません。

概要(重要度B)

下記の事柄を整理して覚えましょう。

  • 北海道で最も北、最も南に位置するブドウ栽培地(P.75右下)
  • 北海道はヨーロッパ系品種のワインが多い(P.75左中)
  • 北海道のワイン用ブドウ栽培の中心となる2つの地方(P.77左中)
  • 日本最大のブドウ園がある浦臼町が位置する地方(P.77左中)
  • 道内一のブドウ産地である余市町(ワイン特区)が位置する地方(P.77左下)
  • 山幸と清舞というブドウ品種について(P.77左上)

P.76下の地図もごらんになり、空知と後志(しりべし)の位置関係を簡単に頭に入れておいてください。

例題: 次の中から北海道で日本最大のブドウ園がある浦臼町が位置するところを選択してください。

  1. 上川地方
  2. 後志地方
  3. 十勝地方
  4. 空知地方

正解: 4

例題: 次の中から北海道の池田町ぶどう・ぶどう酒研究所で開発され耐寒性に優れた黒ブドウ品種を選択してください。

  1. ツヴァイゲルト
  2. ヤマ・ソービニオン
  3. ブラック・クイーン
  4. 山幸

正解: 4

山形県

ここは2017年度の教本で全面的に書き直されました。ここからも1問出るかもしれません。

概要(重要度B)

下記の事柄を整理して覚えましょう。

  • 山形県で受入数量第1位、第2位の品種(P.47上のグラフ)
  • ワイン特区の上山市について(P.77右中)

また、山形県のワイン産地は下記のように整理できます。P.79左中〜左下、P.79右中〜右下を一読し、簡単に頭に入れておいてください。

  1. 日本海側
    • 庄内地方
  2. 内陸側
    • 村山地方(内陸部中部)
      • 上山市(ワイン特区)
    • 置賜地方(おきたまちほう、内陸部南部)
      • 南陽市
      • 高畑町

各産地の位置関係については、山形県のホームページ を見るとよく分かります。

例題: 次の中から山形県でワイン特区に指定されている市町村を選択してください。

  1. 塩尻市
  2. 南陽市
  3. 上山市
  4. 東御市

正解: 3

問題集をやりましょう

要点を一通り整理したらワイン受験.comの問題集をやりましょう。問題を解くと、問われるポイントが具体的にわかります。そのため、問題を解きながら覚えるのが一番効率の良いやり方です。最初は教本を見ながら1問ずつ解きましょう。

ワイン受験.comの問題集には、出題の可能性があるほとんど全ての問題を用意しています。2016年の一次試験の出題の95%以上は、問題集に入っている問題でした。問題集をきちんとやれば、必ず合格できます。