ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

ワイン概論・統計

日本ソムリエ協会教本2021 P.3〜32

ワインの統計

ブドウ栽培面積など(重要度B)

P.32上、下記の3つの表の数字を覚えましょう。1970年頃からのデータが掲載されていますが、直近のデータを一つ覚えるだけで大丈夫です。

また、試験は4択のマークシート方式なので、数字は上2桁で四捨五入しておおざっぱに覚えれば大丈夫です。ただし、桁を間違えないように注意しましょう。

  • 世界のブドウ栽培面積
  • 世界のブドウ生産量
  • 世界のワイン生産量

例題: 次の中から2018年の世界のワイン生産量に最も近い数値を選択してください。

  1. 1.2億ヘクトリットル
  2. 2.9億ヘクトリットル
  3. 28億ヘクトリットル
  4. 2600万ヘクトリットル

正解: 2

ワイン生産量順位(重要度B)

P.32中、1〜10位までの国名を覚えましょう。これも直近のデータ(2018)による「順位」のみ覚えれば十分です。

例題: 次の中から2018年のワイン生産量が第8位の国を選択してください。

  1. フランス
  2. チリ
  3. ドイツ
  4. 中国

正解: 3

ブドウ栽培面積などの推移(重要度C)

下記の数字がここ20〜30年くらいで増加傾向なのか減少傾向なのか、だいたいのところを把握しておきましょう。

  • 世界のブドウ栽培面積
  • 世界のブドウ生産量
  • 世界のワイン生産量
  • 世界のワイン消費量

例題: 次の世界のワイン生産、消費状況に関する記述の中から正しいものを選択してください。

  1. 世界のブドウ栽培面積は1970年代よりも現在の方が少ない。
  2. 世界の年間ワイン生産量は1970年代よりも現在の方が多い。
  3. 世界の年間ブドウ生産量は1970年代よりも現在の方が少ない。
  4. 世界の年間ワイン消費量は1970年代よりも現在の方が多い。

正解: 1

問題集をやりましょう

要点を一通り整理したらワイン受験.comの問題集をやりましょう。問題を解くと、問われるポイントが具体的にわかります。そのため、問題を解きながら覚えるのが一番効率の良いやり方です。最初は教本を見ながら1問ずつ解きましょう。

ワイン受験.comの問題集には、出題の可能性があるほとんど全ての問題を用意しています。問題集をきちんとやれば、必ず合格できます。