ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

酒類飲料概論・リキュール

日本ソムリエ協会教本2017 P.33〜35

有名リキュール(重要度C)

P.34左〜P.35右、有名リキュールの特徴を下記の点に注意して覚えましょう。

  • 原産国
  • 主原料
  • アルコール度数

また、特に重要なリキュールは下記の3種です(この3つは重要度A)

  • シャルトリューズ: P.34右上
  • ベネディクティン: P.34右中
  • キュラソー: P.35左下

例題: 次の説明に合致するリキュールを選択してください。 「イタリアのミラノ産のリキュール。ビター・オレンジ果皮が主原料で、ほろ苦さと甘味のバランスがよい。」

  1. カンパリ
  2. シャルトリューズ
  3. 白色アニス
  4. アニゼット

正解: 1

例題: 次の中からスーズというリキュールのアルコール度数を選択してください。

  1. 25度
  2. 40度
  3. 55度
  4. 15度

正解: 4

リキュールは二次試験にも出題されます。上記に加えて色を覚えておくと二次試験の時に役に立ちます。ワイン受験講座2017 P.39に良く整理された表が掲載されていますのでごらんください。また、できれば二次試験の前にバーなどで一度飲んでみると良いでしょう。

問題集をやりましょう

要点を一通り整理したらワイン受験.comの問題集をやりましょう。問題を解くと、問われるポイントが具体的にわかります。そのため、問題を解きながら覚えるのが一番効率の良いやり方です。最初は教本を見ながら1問ずつ解きましょう。

ワイン受験.comの問題集には、出題の可能性があるほとんど全ての問題を用意しています。2016年の一次試験の出題の95%以上は、問題集に入っている問題でした。問題集をきちんとやれば、必ず合格できます。