ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

酒類飲料概論・ブランデー・スピリッツ

日本ソムリエ協会教本2018 P.31〜38

ブランデー

コニャック(重要度A)

P.31右下〜P.33左、下記の点に注意して特徴を覚えましょう。(2018年CBT試験出題)

  • 主な品種: ユニ・ブランとその別名
  • 生産地区: 一番良いところ、一番広いところ、土壌
  • 蒸留方法: 何式で何回か
  • 貯蔵(熟成)容器: 何リットルのどんな樽か
  • 販売時のアルコール度数
  • AOC名: Fine Champagneに注意
  • 関連するVDL名: P.402参照

例題: コニャックについての説明で正しいものを選択してください。

  1. Floc de Gascogneという飲み物がある
  2. 単式蒸留を2回行う(連続式蒸留は不可)
  3. 連続式蒸留(単式蒸留も認められている)
  4. 600リットルのバリックで熟成

正解: 2

例題: 次の説明に合致するコニャックの生産地区を選択してください。 「珪土を含む粘土質土壌で、丸みがあるコニャックを生産する。特にクパージュ(混合)に使用される。すみれの風味がある。」

  1. Bois Ordinaires
  2. Fins Bois
  3. Borderies
  4. Petite Champagne

正解: 3

2018年のCBT試験では、熟成表示が問われました。難問の一つです。

例題: 次の表示がなされたコニャックに使用するオー・ド・ヴィーの最低熟成年数を選択してください。 「Napoléon」

  1. コント6
  2. コント4
  3. コント8
  4. コント2

正解: 1

アルマニャック(P.33左、重要度B)

カルヴァドス(P.35左、重要度C)

特徴を覚えましょう。注意すべき点はコニャックと同じです。3つを比較して表に整理すると良いでしょう。コニャックと同じところ、異なるところを整理してください。(2018年CBT試験出題)

例題: 次の説明に合致するアルマニャックの生産地区を選択してください。 「砂の最も多い土壌。最高品質。フィネス、非常に芳香性に富み、干しすももの香味を有する。」

  1. Bas-Armagnac
  2. Borderies
  3. Fins Bois
  4. Haut-Armagnac

正解: 1

スピリッツ

ラム(重要度C)

P.37右、下記の点に注意して特徴を覚えましょう。(2018年CBT試験出題)

  • 3つのAOC名(P.38左)
  • 各AOCの熟成期間

例題: フランスのラム、AOC Martinique blancについての説明で正しいものを選択してください。

  1. 熟成容器は容量1050リットル以下のオーク樽
  2. 蒸留後最低3ヶ月の貯蔵期間が必要
  3. 単式蒸留器が使用される
  4. オーク樽で最低2年間の熟成が必要

正解: 2

その他(重要度B)

その他、よく出題されるポイントは下記の通りです。(2018年CBT試験出題)

  • サクランボのブランデー(P.36左): キルシュ
  • その他のフルーツのブランデー(P.36左): 主原料をフランス語で
  • ジン(P.36右): ボタニカルとは、マティーニのベース
  • ウオッカ(P.37左): 白樺炭
  • テキーラ(P.37左): マルガリータのベース、アニェホ、エキストラアニェホ

例題: 次の説明に合致する酒を選択してください。 「カクテルの名品マルガリータのベースとして使用されるスピリッツ」

  1. Gin
  2. Marc
  3. Vodka
  4. Tequila

正解: 4

問題集をやりましょう

要点を一通り整理したらワイン受験.comの問題集をやりましょう。問題を解くと、問われるポイントが具体的にわかります。そのため、問題を解きながら覚えるのが一番効率の良いやり方です。最初は教本を見ながら1問ずつ解きましょう。

ワイン受験.comの問題集には、出題の可能性があるほとんど全ての問題を用意しています。問題集をきちんとやれば、必ず合格できます。