ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

ブルゴーニュ・コート・ド・ボーヌ地区

日本ソムリエ協会教本2017 P.287〜310

コート・ド・ボーヌ地区

コート・ド・ボーヌ地区に関する問題は、村名に関するものが約半分、残りがグラン・クリュに関する問題です。この地区のグラン・クリュは、北部にあるコルトン系のグラン・クリュと南部にあるモンラッシェ系のグラン・クリュに分かれます。重要な産地なので、バランス良く覚えましょう。

村名AOC(重要度B)

P.308上、「コート・ド・ボーヌ地区のコミュナルのアペラシオン」の表をごらんください。この地区には表の先頭のラドワから末尾のマランジュまで18の村名AOCがあります。しかし数が多いので全部覚えるのは無理だと思います。生産可能色が赤のみの3村と栽培面積最大の1村にしぼって覚えましょう。

  • ポマール: 赤のみ
  • ヴォルネ: 赤のみ
  • ブラニ: 赤のみ
  • ボーヌ: 栽培面積最大

なお、この表の一番下のコート・ド・ボーヌとコート・ド・ボーヌ・ヴィラージュは重要なAOCではありません。覚える必要はありません。

上記の3村以外は全て生産可能色は赤白です。名前を全部覚えていなくても、コート・ド・ニュイの8村を完璧に覚えておけば、ほとんどの問題は解けるはずです。

最後に、P.296〜302まで、18の村の特徴を一読しておいてください。あまり細かいことは試験では問われませんが、ワイン通として知っておくべき知識です。

例題: 次の中からブルゴーニュ地方のAOCワイン「ポマール」が生産することができるワインの種類を選択してください。

  1. 赤ワインのみ
  2. ロゼワインのみ
  3. 赤・白・ロゼワイン
  4. 白ワインのみ

正解: 1

コルトン系のグラン・クリュ(重要度B)

P.308下、「コート・ド・ボーヌ地区のグラン・クリュ」の表をごらんください。下記の3村に存在するのがコルトン系のグラン・クリュです。

  1. ラドワ・セリニ村
  2. アロース・コルトン村
  3. ペルナン・ヴェルジュレス村

この3村に下記の3つのグラン・クリュがまたがって存在していますね。

  1. コルトン: 赤白
  2. コルトン・シャルルマーニュ: 白のみ
  3. シャルルマーニュ: 白のみ

畑はまたがっているところと、またがっていないところがあり、また村により生産可能色が異なります。これを表にして整理するとこうなります。

コルトン系のグラン・クリュ

ラドワ・セリニアロース・コルトンペルナン・ヴェルジュレス
コルトン・赤
コルトン・白×
コルトン・シャルルマーニュ・白
シャルルマーニュ・白×

生産できないところを×で示しました。ここを覚えてください。

例題: ブルゴーニュ地方のPernand-Vergelesses村のグランクリュ Corton が生産することができるワインの種類を選択してください。

  1. 赤・白ワイン
  2. 白ワインのみ
  3. 赤・白・ロゼワイン
  4. 赤ワインのみ

正解: 4

例題: ブルゴーニュ地方のグランクリュ Charlemagne が属している村名として適切なものを選択してください。

  1. Pernand-Vergelesses村, Aloxe-Corton村
  2. Aloxe-Corton村, Ladoix-Serrigny村
  3. Pernand-Vergelesses村, Aloxe-Corton村, Ladoix-Serrigny村
  4. Pernand-Vergelesses村, Ladoix-Serrigny村

正解: 1

モンラッシェ系のグラン・クリュ(重要度B)

P.308下、「コート・ド・ボーヌ地区のグラン・クリュ」の表をごらんください。下記の2村に存在するのがモンラッシェ系のグラン・クリュです。ここは世界最高のシャルドネワインを生産しています。

  1. ピュリニ・モンラッシェ村
  2. シャサーニュ・モンラッシェ村

この2村に下記の5つのグラン・クリュがまたがって存在していますね。

  1. モンラッシェ: 白のみ
  2. シュヴァリエ・モンラッシェ: 白のみ
  3. バタール・モンラッシェ: 白のみ
  4. ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ: 白のみ
  5. クリオ・バタール・モンラッシェ: 白のみ

畑はまたがっているところと、またがっていないところがありますので、これを表にして整理するとこうなります。

モンラッシェ系のグラン・クリュ

ピュリニ・モンラッシェシャサーニュ・モンラッシェ
モンラッシェ・白
シュヴァリエ・モンラッシェ・白×
バタール・モンラッシェ・白
ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ・白×
クリオ・バタール・モンラッシェ・白×

またがっていないところを×で示しました。ここを覚えてください。

例題: ブルゴーニュ地方のグランクリュ Criots-Bâtard-Montrachet が属している村名として適切なものを選択してください。

  1. Puligny-Montrachet村, Chassagne-Montrachet村
  2. Puligny-Montrachet村
  3. Chassagne-Montrachet村
  4. Meursault村, Puligny-Montrachet村

正解: 3

問題集をやりましょう

要点を一通り整理したらワイン受験.comの問題集をやりましょう。問題を解くと、問われるポイントが具体的にわかります。そのため、問題を解きながら覚えるのが一番効率の良いやり方です。最初は教本を見ながら1問ずつ解きましょう。

ワイン受験.comの問題集には、出題の可能性があるほとんど全ての問題を用意しています。2016年の一次試験の出題の95%以上は、問題集に入っている問題でした。問題集をきちんとやれば、必ず合格できます。