ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

ブルゴーニュ・コート・ド・ニュイ地区

日本ソムリエ協会教本2017 P.287〜310

コート・ド・ニュイ地区

コート・ド・ニュイ地区に関する問題は、村名に関するものが約半分、残りがグラン・クリュに関する問題です。重要な産地なので、バランス良く覚えましょう。

村名AOC(重要度A)

P.307上、「コート・ド・ニュイ地区のコミュナルのアペラシオン」の表をごらんください。この地区には8つの村名AOCがあります。P.291右下の地図と照らし合わせながら北から順番に名前を覚えましょう。

なお、この表の一番下のコート・ド・ニュイ・ヴィラージュは重要なAOCではありません。覚える必要はありません。

次に各AOCで生産可能なワインのタイプ(生産可能色といいます)を覚えましょう。マルサネを除くと、赤白と赤が交互に並んでいます。

  1. マルサネ: 赤白ロゼ
  2. フィサン: 赤白
  3. ジュヴレ・シャンベルタン: 赤、この地区で面積最大の村名AOC
  4. モレ・サン・ドニ: 赤白
  5. シャンボール・ミュジニ: 赤
  6. ヴージョ: 赤白
  7. ヴォーヌ・ロマネ: 赤
  8. ニュイ・サン・ジョルジュ: 赤白

最後に、P.292〜295まで、8つの村の特徴を一読しておいてください。あまり細かいことは試験では問われませんが、ワイン通として知っておくべき知識です。

例題: 次の中からブルゴーニュ地方のAOCワインの産地を北から南の順序で正しく並べたものを選択してください。

  1. Marsannay, Gevrey-Chambertin, Pommard, Meursault
  2. Gevrey-Chambertin, Marsannay, Meursault, Pommard
  3. Meursault, Gevrey-Chambertin, Marsannay, Irancy
  4. Meursault, Vosne-Romanée, Gevrey-Chambertin, Irancy

正解: 1

例題: 次の中からブルゴーニュ地方のAOCワイン「フィサン」が生産することができるワインの種類を選択してください。

  1. 赤・白・ロゼワイン
  2. 白ワインのみ
  3. 赤ワインのみ
  4. 赤・白ワイン

正解: 4

グラン・クリュ(重要度A)

この地区には23のグラン・クリュがあります。世界最高のピノ・ノワールワインを生産している畑です。

まずはP.307下、「コート・ド・ニュイ地区のグラン・クリュ」の表をごらんください。グラン・クリュの名前、村名、タイプを覚えてください。全てカタカナで声に出して覚えましょう。良く問われるポイントは下記の2点です。

  1. どの村にあるか?
  2. 生産可能色は?

このとき下記のポイントに注意してください。

  • ミュジニ: この地区で唯一の赤白グラン・クリュ
  • ボンヌ・マール: 畑が2村にまたがっています

例題: ブルゴーニュ地方のグランクリュ Clos des Lambrays が属する村名を選択してください。

  1. Aloxe-Corton村
  2. Vougeot村
  3. Chassagne-Montrachet村
  4. Morey-Saint-Denis村

正解: 4

例題: ブルゴーニュ地方のグランクリュ Chambertin が生産することができるワインの種類を選択してください。

  1. 赤・白・ロゼワイン
  2. 赤・白ワイン
  3. 赤ワインのみ
  4. 白ワインのみ

正解: 3

問題集をやりましょう

要点を一通り整理したらワイン受験.comの問題集をやりましょう。問題を解くと、問われるポイントが具体的にわかります。そのため、問題を解きながら覚えるのが一番効率の良いやり方です。最初は教本を見ながら1問ずつ解きましょう。

ワイン受験.comの問題集には、出題の可能性があるほとんど全ての問題を用意しています。2016年の一次試験の出題の95%以上は、問題集に入っている問題でした。問題集をきちんとやれば、必ず合格できます。