ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

ワインを当てる 4. 出やすい生産国

ソムリエ、ワインエキスパート二次試験の出題は、昔は100%フランスワインでした。フランス以外の国のワインが初めて出題されたのは1999年で、イタリアワインが出題されました。そしてその後、2002年から米国やオーストラリアなどいわゆる新世界のワインが出題されるようになり、さらにここ5年くらいは日本のワインも出題されるようになりました。

下記の表は、過去5年間に出題されたワインの生産国です。過去5年間では8カ国のワインが出題されました。

順位国名出題率
1フランス36%
2米国22%
3オーストラリア16%
4ニュージーランド8%
5ドイツ8%
6日本4%
7イタリア4%
8スペイン2%

前項で述べたように出題は基本品種が中心です。基本品種はシラーズ以外は全てフランスで主に栽培されている品種ですので、どうしてもフランスワインが出題の中心となります。

ちなみに、日本に輸入されているワインの生産国上位10カ国は下記の通りです。これらの国に日本を加えた11カ国が、出題される可能性のある生産国だと考えて良いと思います。

順位国名割合
1フランス29%
2チリ24%
3イタリア19%
4スペイン12%
5米国5%
6オーストラリア4%
7アルゼンチン2%
8ドイツ2%
9南アフリカ1%
10ニュージーランド0.6%

財務省の2014年の統計から計算しました。割合は数量ベースです。金額ベースでは1位のフランスは46%となり圧倒的です。