ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

ワインを当てる 2-2. 出やすいブドウ品種(赤)

赤ワインの場合、ソムリエ、ワインエキスパート二次試験で過去出題された事のあるブドウ品種は、作者の知る限りでは白ワインと同じく12品種ほどです。そして、今後出題されそうな品種を加えても15品種くらいが当面の出題範囲と言って良いと思います。

白ワイン同様、赤ワインもこれらがまんべんなく出題されるわけではありません。下記の表は、過去20年間に出題された赤ワイン用ブドウ品種上位10種の出題率です。

順位品種出題率
1カベルネ・ソーヴィニヨン23%
2ピノ・ノワール20%
2シラー(シラーズ)20%
4カベルネ・フラン7%
5メルロ7%
6ガメ5%
7サンジョヴェーゼ5%
8ネッビオーロ4%
9ジンファンデル3%
10グルナッシュ3%

出題率1〜5位までの品種で77%を占めています。これは確率論的に言うと、もし1〜5位までの品種をきちんと見極められるようになれば、赤ワインが2本出題された時、少なくとも1本を正解できる確率は約95%である、ということです。2本のうち1本当てれば、通常は十分合格できます。

さて、白ワインも赤ワインもどうして出題が一部の品種に偏るのでしょうか? どうしてまんべんなく出題しないのでしょうか? それは、そうすると問題が難しくなりすぎるからです。

仮にまんべんなく出題する事にした結果、白ワイン2本の出題が「アリゴテ」と「シルヴァネール」になったとしましょう。これらの品種をピタリと当てるのは、ソムリエの資格を取って5年以上たったシニア・ソムリエクラスの人にとっても至難の業です。まして、これからソムリエ、ワインエキスパートの資格を取ろうという方にとっては無理な注文といっても良いでしょう。

ほぼ全員の受験者が解けないような難問は、点差がつかないので出題の意味がありませんし、資格試験の問題としてふさわしくありません。出題する人も、この事は知っています。そのため、出題はどうしてもシャルドネやリースリングなど、よく知られた品種が中心となります。