ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

香りのコメントの仕方 3. 香りの印象

ソムリエ、ワインエキスパート二次試験の香りのコメントでは、最後にワインの香りの全体的な印象から、ワインの熟成感や、どのような種類の香りがあるかなど、香りの傾向を表現します。通常は下記のような用語を複数個組み合わせて表現します。

(香りから推測される)ワインの熟成感

度合い二次試験で使われる用語
1還元的
2若々しい
3熟成感が現れている
4酸化熟成の段階

度合いが大きい方がワインの熟成感が強く感じられると考えてください。度合い2〜3が、ちょうど飲み頃のワインの香りの表現です。

「還元的」という表現は、非常に若々しく、ミネラル感の強い白ワインに対して通常用いられます。「酸化熟成の段階」は、飲み頃を過ぎつつある赤ワインに対して通常用いられます。

香りの傾向

二次試験で使われる用語
第1アロマが強い
第2アロマが強い
ニュートラル
木樽からのニュアンス

「第1アロマが強い」とは、ブドウ品種がもともと持っている香り、例えばマスカットやラズベリーのような香りが強いということです。白ならリースリング、ゲヴュルツトラミネール、ミュスカ、赤ならピノ・ノワール、メルロに良く用いられます。

「第2アロマが強い」とは、発酵によって生まれてくる香り、例えば花の香りやフルーツキャンディのような香りが強いということです。ソムリエ、ワインエキスパート二次試験では、白にはあまり用いられません。赤はガメに良く用いられます。

「ニュートラル」とは、「第1アロマが弱い」と同じ意味だと考えると分かりやすいと思います。品種固有の香りが弱いシャルドネ、ミュスカデ、甲州に良く用いられます。

「木樽からのニュアンス」とは、新樽熟成の香ばしい香りがある、ということの他に、古樽で熟成させた場合に得られる複雑な香りがある、ということも表します。ソムリエ、ワインエキスパート二次試験では、赤ワインには樽香がなくてもほとんどのワインで用いられます。

試験テクニック

白赤ともに通常2個の回答が求められるようです。ワインの熟成感から1つ、香りの傾向から1つ、バランス良く選ぶのが基本です。良く分からない場合、迷った場合は下記の指針に基づいて選ぶことをおすすめします。

白ワイン

ソムリエ、ワインエキスパート二次試験に出題される白ワインは、ほとんどの場合若くてフルーティなワインです。まずは原則として「若々しい」を選択しましょう。

次に、シャルドネだと思ったら「ニュートラル」、ソーヴィニョン・ブラン、またはリースリングだと思ったら「第1アロマが強い」を選択しましょう。その他の品種の場合は、どちらに似ているかによって決めてください。

赤ワイン

赤ワインは、2つとも香りの傾向から選んだ方が良い場合があります。

まず、ガメ以外の品種については、「第1アロマが強い」を選択しましょう。ガメだと思ったら「第2アロマが強い」を選択してください。

次に、ガメ以外の品種については、樽香の有無にかかわらず「木樽からのニュアンス」を選択しましょう。ガメだと思ったら「若々しい」を選択してください。