ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

ソムリエ二次試験、香りのコメント、第一印象

次は香りのテイスティング・コメントです。ソムリエ、ワインエキスパート二次試験では3項目についてコメントします。

  1. 第一印象
  2. 特徴(下記の2項目に分かれます)
    1. 果実・花・植物
    2. 香辛料・芳香・化学物質
  3. 香りの印象

以下、順番に説明いたします。

1. 第一印象

香りの第一印象とは、香りの強弱とタイプをコメントするところです。下記のような用語で表現します。

香りの強弱

度合い二次試験で使われる用語
1閉じている
2控えめ
3開いている
4強い

香りの性質

香りの性質とは「一言で言うとどんな香り?」ということです。

度合い二次試験で使われる用語
1チャーミングな
2華やかな
3濃縮感がある
4深みのある
5複雑な

注: 「二次試験で使われる用語」とは、ソムリエ、ワインエキスパート二次試験で番号選択肢として使われると思われる用語です。ソムリエ協会教本 テイスティングの章の「テイスティングガイドまとめ」から抜粋されることが多く、毎年少しずつ変わります。

試験テクニック

白ワインも赤ワインも、香りの強弱から1つ、香りのタイプから1つ、合計2つ選択するのが基本です。しかし、片方から2個選んでもかまいません。

白ワイン

香りの強弱は、「開いている」が最も無難な回答です。多くのワインはこれが正解となります。

ただし、甲州、ミュスカデなどアロマティックではない品種で、香りが弱いと感じられたら「控えめ」を選択しましょう。逆に樽香のある濃厚なシャルドネでは「強い」が正解となることもあります。

香りの性質は、軽くてさっぱりしたワインなら「華やかな」を、濃厚なワインなら「濃縮感がある」を選択しましょう。

赤ワイン

香りの強弱は、白ワインと同様に「開いている」を選択しましょう。これ以外が正解となる赤ワインが出題される事はまずありません。

香りのタイプは、「濃縮感がある」が無難な回答です。