ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

外観のコメントの仕方 4 外観の印象

4. 外観の印象

ここでは、ワインの見た目の印象から、ワインの新旧や、原料ブドウの成熟度などを表現します。ソムリエ、ワインエキスパート二次試験では、下記の2種類の用語を組み合わせて表現します。

ワインの新旧

見た目が新しい(色あざやか、白なら緑色が強い、赤なら紫色が強い) → 見た目が古い(色あせた)と考えてください。

度合い二次試験で使われる用語
1若々しい
2若い状態を抜けた
3やや熟成した
4熟成した
5酸化熟成のニュアンス

ブドウの成熟度

ワインの熟成度ではありません。原料のブドウが太陽の光や温度により、どれくらい成熟した果実になったかです。ごく簡単に言えば、ワインの色が淡いか濃いかと考えてください。

度合い二次試験で使われる用語
1軽快
2よく熟した
3成熟度が高い
4濃縮感が強い

試験テクニック

白ワインも赤ワインも、ワインの新旧から1つ、ブドウの成熟度から1つ選ぶのが基本です。しかし、片方から2つ選んでもかまいません。

白ワイン

ワインの新旧からは原則として「若々しい」を選びましょう。これ以外が正解となる白ワインが出題される事はまずありません。

ブドウの成熟度からは原則として下記のように選びましょう。どちらか迷ったら「よく熟した」を選ぶことをおすすめします。

  • 色の淡い白: 軽快
  • 色の濃い白: よく熟した

赤ワイン

ワインの新旧からは原則として下記のように選びましょう。どちらか迷ったら「若々しい」を選ぶことをおすすめします。

  • 紫色が強い赤: 若々しい
  • 紫色が弱い赤: 若い状態を抜けた

ブドウの成熟度からは原則として下記のように選びましょう。どちらか迷ったら「よく熟した」を選ぶことをおすすめします。

  • 色の淡い赤: よく熟した
  • 色の濃い赤: 成熟度が高い