ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

外観のコメントの仕方 4 外観の印象

4. 外観の印象

ここでは、ワインの外観の全体的な印象から、ワインの新旧や、原料ブドウの熟度などを推測します。ソムリエ、ワインエキスパート二次試験では下記のような用語を複数個組み合わせて表現します。

(外観から推測される)ワインの新旧

度合い二次試験で使われる用語
1若い
2若い状態を抜けた
3やや熟成した
4熟成した
5酸化熟成のニュアンス

(外観から推測される)ブドウの熟度

度合い二次試験で使われる用語
1軽い
2白ワイン: よく熟した
赤ワイン: 熟した
3成熟度が高い
4濃縮感が強い

試験テクニック

白ワイン

ソムリエ、ワインエキスパート二次試験に出題される白ワインは、ほとんどの場合若くて軽めのワインです。したがって、まずワインの新旧の表から「若い」を選択しましょう。

続いてブドウの熟度の表から、ワインの色が淡い時は「軽い」を、色が濃い時は「よく熟した」を選択すると良いと思います。どちらか迷ったときは「よく熟した」をおすすめします。

赤ワイン

まずワインの新旧の表から、ワインの色に多少なりとも紫色がかかっているときは「若い」を、もう紫色の成分が見られない場合には「若い状態を抜けた」を選択しましょう。どちらか迷ったときは「若い」をおすすめします。

続いてブドウの熟度の表から、ワインの色が淡い時は「熟した」を、色が濃い時は「濃縮感がある」を選択すると良いと思います。どちらか迷ったときは「熟した」をおすすめします。