ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

味わいのコメントの仕方 3. 余韻

余韻とは、ワインを飲んだ後に口中に残る風味の長さです。ソムリエ、ワインエキスパート二次試験では、下記のような用語で表現します。

度合い二次試験で使われる用語
1短い
2やや短い
3やや長い
4長い

ソムリエ、ワインエキスパート二次試験で使われる用語の中には、なぜか中くらいという用語がありません。そのため4段階の度合いで表現します。

試験テクニック

余韻の長さはアルコールの強さと比例することが多いのです。つまり、例えばアルコールで度合い2の「やや軽め」を選択した場合には、余韻も度合い2から「やや短い」を選択しましょう。同じ度合いの用語を選択すればだいたい合うと思います。

迷った場合には「やや長い」をおすすめします。