ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

味わいのコメントの仕方 1. アタック

続いて味わいのコメントの方法です。ソムリエ、ワインエキスパート二次試験では下記の3項目についてコメントすればよいと考えてください。

  1. アタック
  2. 甘味、酸味、苦味、渋味、アルコール
  3. バランス
  4. 余韻

1. アタック

アタックとは、ワインを口に含んだ時の第一印象です。一般には強い弱いという言葉で表現します。

度合い二次試験で使われる用語
1軽い
2やや軽い
3やや強い
4強い
5インパクトのある

注: 「二次試験で使われる用語」とは、ソムリエ、ワインエキスパート二次試験で番号選択肢として使われると思われる用語です。ソムリエ協会教本 P.548「テイスティングガイドまとめ」から抜粋されることが多く、毎年少しずつ変わります。

なぜ「強い」の対義語が「軽い」なの? などと素朴な疑問を抱かれるかもしれませんが、あまり深く考えないでください。

試験テクニック

原則として、白ワインは「やや軽い」、赤ワインは「やや強い」を選択しましょう。試験に出題されるワインの価格帯、レベルを総合的に考えた場合、最もよく適合する表現です。

もちろんはっきりと度合いが違うと感じられたら、違う表現を選択してください。