ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

受講生の声・三宅直矢さん

第3章 一次試験合格に意外なほど役に立たたなかったこと

自分にあった勉強法を探し続ける

私は方法を探し続けるものの、結局「これだ!」という勉強法や日々のルーティンが見つからないまま一次試験合格をしました。とはいえ、振り返ると上記3つの重要事項に行きついています。

お伝えしたいのは私の勉強は全体を見れば非常に効率が悪かったと言えることと、効率が悪い反面、徹底的に様々な方法を採ったので、その時は明確に気付いていないものの効果のあることをしていた、と言えます。

過去の合格者の方にコメントでも一次試験合格まで自分にあった勉強法は見つからなかったという方が何名かいらっしゃいました。方法探しは時間の無駄とは言いませんがその時間で問題を解く、教本を読むに使うかどうかと考えています。

因みに私はノートでのまとめが全く進みませんでした。別の言い方をすれば「ノートってどういう風にまとめたらいいの?」みたいな悩みがあり、結局苦手なスペインでA4、10ページ分くらいしか作りませんでした。

教本を単元ごとにページ分けて使う(書籍を切り離して個々にファイリングする)

持ち歩くには重たかったですが、冊子のままの方がページめくりなど読みやすかったです。ちなみに教本はJSAホームページから電子書籍アプリを使って読むことができます。