ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

受講生の声・Chiaki Iwataさん

第2章 受験対策直前講座に参加、頭から湯気が出た

7月下旬の4連休と8月最初の土日で全6日間(12時限)で開催された直前講座にも参加しました。直前講習までに全範囲をひととおり勉強しておきたい思い、動画が公開されていない国は一次対策講座と教本で学習しました。

受験対策直前講座はほんとうに内容が濃くて、初日は頭から湯気が出ていたと思います。でもこのおかげで、各国の主要ポイントをつかむことができたので、2巡目は直前講習でいただいたレジュメを元に全範囲をノートに書き落としました。

動画を観ると理解度がまったく違う

また山崎先生も精力的に動画コンテンツを追加してくださり、8月中旬にはマイナー生産国も含めてすべての内容が動画で提供されたため、新たに動画が追加されたタイミングで復習を兼ねて学習を進めました。

私は、山崎先生の動画で勉強する前と後では同じ分野でも理解度がまったく違っていて、試験前に全分野を投稿してくださった山崎先生は「神」だと思いました。

模擬試験は合計9回、常にC判定だった

7月下旬に初めて模擬試験に取り組みました。間違えた問題を教本と自分で書き落としたノートで確認するという方法で復習しました。また間違いが多い主要国は再度動画を閲覧し、問題集も解きました。

この時期、試験日の予約することになり、9月6日の最終日を先に予約し、本番の練習用として2週間前の8月22日を試験日として予約しました。

8月22日の試験の10日くらい前からはとにかく問題数をこなすこと念頭におき、集中的にほぼ毎日、模擬試験を解きました。ちなみに、模擬試験は累計9回受けて、正答率は72%が最高で常にC判定でした。