ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

ソムリエ試験 合格者の感想とアドバイス Tactさん

第2章 ワイン受験.comとの出会い、問題を解きまくることを決意

大学時代の後輩の合格を知ってから数日間、ワインエキスパートについての調査を開始。難易度、体験談、費用、勉強方法や期間など。私は仕事の関係上、勤務時間や休みが不規則になりがちなので、通学形式のワインスクールには通えそうにありませんでした。費用もネックでした。

でもどうしてもワインエキスパートには合格したい。しかも短期間で確実に。ならば独学で出来ないだろうかと「ワインエキスパート+独学」でインターネットを検索。早速ヒット!これが「ワイン受験.com」との出会いでした。

振り返れば、私は以前から結構な種類のワインを飲んで慣れ親しんでいたので、特に勉強せずとも有名な品種や味は分かっているはず(これは後に、独りよがりで結構あやふやな知識だったことに気づくのですが)。であれば、まずワインの基本的な知識を付ける方に重点を置こうと考えました。

「ワイン受験.com」は独学受験生の強力な味方だった

ワインエキスパートになるには、最初の関門として、知識を問われる一次試験を突破しなければなりません。私にとって第一に必要な条件は、如何にして:

  • 短期間で
  • 自分のペースで
  • 合格のために必要な知識や情報を
  • 効率よく
  • いつでもどこでも習得&復習できるという「ツール」を揃えること

第二の条件は:

  • 分からない箇所を質問できる環境があること
  • 必要な箇所はスクール形式の講義を購入して受講できること
  • 低予算であること

というものでした。ワイン受験.comは、これらの条件に見事に合致したのです。

問題を解いて解いて解きまくる! ~まずは何としてでも一次試験突破~

ワインエキスパートとは、文字通りワインの専門家ということになりますが、その称号は試験に合格しなければ得られません。なので私は、受験を決めた1年間はとにもかくにも「合格ラインを突破する」ことだけを第一に考えました。

合格するまでは、勉強で得た知識でワインをゆっくり楽しんだり、興味の出た分野を深追いすることはなるべくしない。そんなことは合格してからいくらでも出来る、と冷徹に割り切りました。