ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

ソムリエ試験 合格者の感想とアドバイス TAKEHIROさん

第3章 問題集は最初からやる

情報の整理に2か月以上かかり、6月中旬にようやく南アフリカまでたどり着きました。そして試験に申し込むと同時にワイン受験comの有料会員になり山崎先生の問題集を始めました。

過去の合格者の体験記にもありますが、山崎先生の問題集はもったいぶらずに最初からやった方がいいです。これは私の反省を踏まえて言いますが、一通りテキストで勉強したあと問題集を始めても問題は解けません。1週間前に覚えたつもりになっていた知識はほぼ抜けています。

問われ方を知る

この試験で最も大事なことは「問われ方を知ること」だと思います。例えば、スペインのリオハの3地区を地図上の位置や名称を機械的に覚えても、地中海性気候の地区は? 気温が高く乾燥している地区は? などと問われると全く解答できません。

そこまで細かい情報を記憶に定着させるのは無理です。問われ方を知ることで情報の整理の仕方も変わります。

山崎先生が作られた設問には、試験に強くなるための大事な情報がたくさん詰まっています。私は学習開始から2か月たって気づきましたが、皆さんも同じ失敗をしないでください。

13,000問以上解いた

問題の数は5万問もあります。繰り返していると次々に新しい問題も出てきます。学習回数の記録もでき、達成度もわかります。とてもよくできたシステムで何よりやる気の持続につながります。

私はこの問題集のとりこになり6月中旬以降、2回目の試験が終わる8月末までに2,097回、1万3508問(正答率は最終的に87%でした)挑戦していました。ぜひ問題集と並行して学習を進めてください。