ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

合格体験記・中村信太郎さん

第3章 残り1か月を切って

模擬試験を一日一回

7月後半から模擬試験1回100問をなるべく一日一回は解くようにしました。すると徐々に7割を超えるようになり、8月に入ってからは、ほぼ全範囲の学習を終えたので、総復習を始めました。

そのころには模擬試験も8割前後正解できるようになっていました。

本番でも模試と同じ点を取れた!

本番2週間前になると、コンスタントに正解率82〜85%のB判定をキープできるようになり、本番でも、130問中109点(83.8%)という比較的高めの得点で合格することができました。

本番で、ワイン受験.comの模擬試験の点数とほぼ同じ点数が取れたのも、ワイン受験.comの信頼性、信憑性の高さなのではないかと私自身思っています。

もちろんワイン受験.com以外にも3年〜5年分の過去問、スクールの問題集や模試、白地図の色塗り、メドック格付けの暗記、イタリアDOCGの書き出し、単語カードの活用、国別比較表の作成、最後はソムリエ教本の読み込みもしました。

しかし、確実に言えることは、数多くの問題を解かないことには、ソムリエ試験を制することはできないということです。

学習履歴も自信につながりました

試験前日、ワイン受験.comの 学習履歴 を見ると、それまでに解いた問題の数は2500問を超えていて、これだけやったんだという自信にもつながりました。

色々な市販問題集や問題サイトがありますが、私は山崎先生のワイン受験.comなら自信をもってお勧めできます。

プリントアウトして持ち歩く

二次試験対策においても、ワイン受験.comの二次試験対策講座のページを全てプリントアウトし、毎日持ち歩き、隙間時間に熟読していました。そのおかげで、コメントの選び方のコツが分かるようになりました。

全てがとてもわかりやすく丁寧に、かつデータに基づいて書かれているので、初めてワイン受験をする私にとっても心強い試験対策資料となりました。

ワイン受験.comなしには合格できなかった、といっても過言ではないと思います。本当にありがとうございました。