ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

合格体験記・中村信太郎さん

第1章 とにかく数多くの問題を解くことの重要性

私がワイン受験.comに入会したのは試験直前の7月ですので、おそらくみなさんより遅めだと思います。

3月から週一のスクールにも通っていたのでスクール一本で行けばいいかなと、正直迷っていたというのもあります。しかし、ただスクールに通っていても、問題を数多く解かないと本番では太刀打ちできないと感じるようになりました。なぜなら出題範囲が膨大すぎるからです。

いくら頭では理解していても、いくら暗記をしていても問題を解かなければ傾向もわからないし、問題を解く力がつきません。市販の問題集も買ってはみたもののなかなか思うように進まず、できる場所も限られています。

3月から本格的に勉強をはじめ、6月ごろには全範囲の半分ぐらいまで学習は進んでいたので、その腕試しとして問題を数多くこなすことにも注力しはじめました。

もっと早く入会すべきでした

ネットの問題集ならスマホ片手にいつでもどこでも隙間時間にできそうだと思い、無料のものも含め色々見てみましたが、どれもパッとせず。そこで前々から噂に聞いていたワイン受験.comのホームと総目次を見てみると、詳しく丁寧に書かれていて、かつボリュームの多さに惹かれました。

はじめは、有料会員は少し高いようにも感じましたが、山崎先生の良い評判を聞いていたこともあり、有料会員登録をしました。有料会員になるとすべてのページにアクセスすることができるのですが、そこには大量のボリュームの問題集と多くの緻密な情報と完璧なデータが詰まっていました。

これはもっと早くから入会して少しずつ取り組んでおけばよかったとそのとき思いました。