ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

ソムリエ試験 合格者の感想とアドバイス 松岡亮介さん

第4章 二次試験対策: 小瓶作戦開始、子供達にC1000を30本飲んでもらった

二次試験対策についてお話します。これもやはりこのサイトの二次試験対策を熟読し、山崎先生推奨の小瓶作戦を取ることとしました(子供達2人にハイシー1000の小瓶、合計30本飲んでもらいました)。

一次試試験対策と同時並行する形で、4月末頃から山崎先生監修の基本品種セットでテイスティングを開始、妻にも「これって杏仁豆腐の香りする?」などと意見を求めるなど、多大な協力を頂きました。実際、杏仁豆腐を作って食べて確認してみたり、あるいはパッションフルーツなどの季節の果物、各種ハーブなどを嗅いだり、かじったりした時期もありました(ちなみにコアラは別にして、ユーカリの葉は有毒です。家族から強い警告を受けました)。

ただ経験値が余りにも少ないので、一次試験合格に合わせて、最寄りのワインスクール等のテイスティング講座に通い始め、ますますのめり込むことに。ところがある程度知識が増えてくると、基本品種以外の選択肢が増えた分、かえって品種の判定に迷うことが多くなり、ちょっと様子がおかしくなってきたのです。

徹底して手堅く得点し、大きなヘマを避ける

そんな中、今度は応募に間に合い、山崎先生の二日間限定の二次試験対策のテイスティング理論講座に出席できることとなりました。

ここで初めて山崎先生とお会いすることができ、感無量でしたが、それにも増して、今までの私の迷いを吹き飛ばすような講義内容で、その後は、引き続き知識や経験値を積み重ねる一方、実際に回答する際には、徹底して手堅く、どう転んでも得点する、つまり常に部分点を拾い、大きなヘマだけは絶対に避ける、という作戦を貫き通すことに専心しました。