ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

ソムリエ試験 合格者の感想とアドバイス M.Sさん

第3章 二次試験対策、そして来年受験される方へのアドバイス

二次試験は、一次試験に対してあまりストレスなくワインを楽しみながら勉強を進められました。この頃になると二次試験は今年受からなくても良いかなぁと思えるくらいまで気持ちが楽になっていました。

一次試験終了後は「はぁー終わった」が心の中の第一声でしたが、二次試験終了後は「あー 楽しかった」と思えるようになっていました。

一次試験はもう一回やるのはちょっと勘弁(笑)

二次試験対策

  • 山崎先生の動画付きハーフボトルワインセットを購入
  • 基本品種を オペラさん で購入し先生のおすすめする小瓶入れ替え法で練習(瓶をしっかりと洗ったつもりでもC1000の匂いが残ることがあるので注意)
  • YouTubeの佐々木先生とおっしゃるソムリエさんがやっている二次試験対策講座を勉強、かなり役に立ち得点源となった

来年度受験する方へ

一次試験は私の場合、勉強量150時間くらいを費やしたかと思います。ただ来年度は山崎先生の動画配信が今からでも見れるので非常に勉強が進めやすく、おそらく70から80時間の勉強時間で同レベルまで行けるのではと思います。(山崎先生も動画作成がお忙しいようで最後のマイナー分野は8月お盆以降、試験直前にアップされたかと思います。)

来年の受験生はすでに見る事ができるのでかなり有利かと思います。これは早目に覚える事ができるというよりも、どれだけ覚えれば良いかの検討がつくので勉強計画が立てやすくなるという意味の方が大きいかと思いますが。。。

重要なところと、そうでないところを区別して勉強する

試験のために覚える事項と、将来知識として役に立ちかつ試験にも役に立つ事項を区別して勉強すること → 勉強効率が良くなり、かつ、試験終了後も役に立ちます。

山崎先生の動画のオリエンテーションをまず見て計画を立てることをおすすめいたします。

一次試験はやれば絶対に合格できます。

最後に山崎先生へ

ワインスクールや師事する先生もいない地方で試験合格を目指す中、先生のサイトに出会わなければおそらく合格はなかったと心から思っています。膨大な試験勉強量を整理して教えてくださり、動画講義中にフランス旅行の話とか美味しいレストラン、泊った宿の話などとても楽しかったです。また先生のフランス語の発音も今でも耳に残っています。

本当にありがとうございました。