ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

ソムリエ試験 合格者の感想とアドバイス M.SUDOHさん

第4章 難問奇問に不安な気持ちに

7月20日(金)から始まった一次試験。聞こえてくる噂は、今までとは異なる難問・奇問? ネット上にアップされているおびただしい問題をチェックすると、とても不安な気持ちになりました。

出題された問題を協会の教本にマーカーでチェックし、参考書1に全て書き入れました。また、アカデミー・デュ・ヴァンの模擬試験も受けることにしました。Cパターンで101点でした。

ただ、ネット上で日々アップされる出題問題に自信喪失。アカデミー・デュ・ヴァンから後ほど、PDF10ページ分の出題された問題一覧が送られてきたので、すべてチェックしました。

山崎先生の直前講座で不安を払拭

しかし、それでも不安が拭い切れないので、山崎和夫のワインスクール・受験対策直前講座の8月19日の最終講座「試験に関する最新情報と補足説明 その1」「試験に関する最新情報と補足説明 その2」に申し込みました。

この講座に参加しなかったら、ネット上の情報に踊らされ、基本を疎かにして点の取れる基本のところでミスをした可能性が大きかったと思います。

特に講座の説明で、

「120問中90問は解ける問題です。しかもその90問のうち60問は過去問です。なので普通に勉強してる人は90問は解ける筈です。残り30問は解けない問題です。その問題は解けなくても合格できます。合格できるのですが、解けるに越したことはありません。その解けない所を補うために、この直前講座があります」

とのお話は、ワイン受験.comを信じてやってきて良かったと胸を撫で下ろした瞬間でもありました。また当日、出題された問題について協会の教本を使ったチェックや一覧表の配布、原価計算の問題例と解答など、とても有意義な講座でした。

家に戻り、ネット上にアップされた問題をみてオロオロするより、今一度総復習をしました。また、最後に『受験のプロに教わる ソムリエ試験対策問題集 ワイン地図問題付き2018年度版』を2度解いてから試験に臨みました。