ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

南西地方・AOC

日本ソムリエ協会教本2017 P.350〜357

南西地方のAOC

重要AOC(重要度A)

南西地方で最も重要なのは下記の3つのAOCです。とても良く出題されますので、下記のポイントに注意して覚えましょう。飲んだ事のない方はこの3つのワインは飲んでみるべきだと思います。一度飲むと印象が強く残りますのでなかなか忘れません。

  • カオール(P.353右上): 生産可能なワインの色、品種、ロット川、黒ワイン
  • マディラン(P.354左上): 生産可能なワインの色、品種、熟成能力がある
  • ジュランソン(P.354左上): 生産可能なワインの色、品種、パスリヤージュ、甘口、アンリ4世

例題: 次のフランス南西地方のAOCワインの中から赤ワインだけが認められているものを選択してください。

  1. Fronton
  2. Madiran
  3. Gaillac
  4. Gaillac Doux

正解: 2

その他特徴のあるAOC(重要度B)

その他下記のように特徴のあるAOCも簡潔に覚えておきましょう。

  • ペシャルマン(P.352左中): 生産可能なワインの色
  • ソーシニャック、モンバジャック(P.352左中): 甘口ワイン
  • ビュゼ(P.352右下): 属する地区、1973に昇格
  • イルレギ(P.354右上): バスク地方、スペインとの国境近く

例題: 次のフランス南西地方のAOCの中から最もスペイン国境近くに位置するものを選択してください。

  1. Irouléguy
  2. Saussignac
  3. Estaing
  4. Marcillac

正解: 1

問題集をやりましょう

要点を一通り整理したらワイン受験.comの問題集をやりましょう。問題を解くと、問われるポイントが具体的にわかります。そのため、問題を解きながら覚えるのが一番効率の良いやり方です。最初は教本を見ながら1問ずつ解きましょう。

ワイン受験.comの問題集には、出題の可能性があるほとんど全ての問題を用意しています。2016年の一次試験の出題の95%以上は、問題集に入っている問題でした。問題集をきちんとやれば、必ず合格できます。