ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

南アフリカ・産地

日本ソムリエ協会教本2017 P.83〜91

産地(重要度B)

P.92の表をごらんください。南アフリカの産地は下記のような階層構造になっています。

    • リージョン(地域)
      • ディストリクト(地区)
        • ワード(小地区)

全て覚える必要はありません。重要な産地だけ押さえましょう。まず最も重要な州は西ケープ州であることを覚えましょう。

例題: 次の中から南アフリカのワイン生産の9割が集中している州を選択してください。

  1. リンポポ州
  2. 北ケープ州
  3. 西ケープ州
  4. 東ケープ州

正解: 3

リージョン(地域)

西ケープ州の重要なリージョンは下記の2つです。名前と特徴を簡単に覚えましょう。

  • 沿岸地域 (Coastal Region) (P.87左中)
  • ブレード・リヴァー・ヴァレー地域 (P.89右中)

また、P.83の地図でおおざっぱな位置も確認しておきましょう。特にCoastal Regionは沿岸部の東側にあるということを確認しておきましょう。

例題: 次の中から南アフリカ、西ケープ州の産地で、南アフリカ全体の1/3のブドウ栽培面積を持つリージョンを選択してください。

  1. Coastal Region
  2. Klein Karoo
  3. Breede River Valley
  4. Olifants River

正解: 3

ディストリクト(地区)

沿岸地域とブレード・リヴァー・ヴァレー地域で重要な地区は下記の通りです。名前と簡単に特徴を覚えておきましょう。

  • 沿岸地域 (Coastal Region)
    • Stellenbosch(P.87左下)
    • Paarl(P.88左上)
    • Swartland(P.88右中)
    • Cape Peninsula(P.89左中)
  • ブレード・リヴァー・ヴァレー地域
    • Robertson(P.89右下)

例題: 次の中から南アフリカ、西ケープ州のBreede River Valleyに位置するDistrictを選択してください。

  1. Elgin
  2. Cape Peninsula
  3. Robertson
  4. Stellenbosch

正解: 3

例題: 次の説明に最も良く合致する南アフリカのワイン生産地区を選んでください。 「ケープタウンに次いで同国で2番目に古い町、栽培と醸造学の学位が受けられる同国唯一の大学がある。」

  1. Paarl
  2. Stellenbosch
  3. Elgin
  4. Cape Agulhas

正解: 2

これらの産地については、P.83の地図でおおざっぱな位置を確認しておくと良いと思います。

例題: 次の説明に最も良く合致する南アフリカのワイン生産地区を選んでください。 「ステレンボッシュの北に位置し、同国最大の輸出メーカーKWVのホームタウンである。オリーブの栽培農家も多い。」

  1. Swartland
  2. Walker Bay
  3. Cape Peninsula
  4. Paarl

正解: 4

問題集をやりましょう

要点を一通り整理したらワイン受験.comの問題集をやりましょう。問題を解くと、問われるポイントが具体的にわかります。そのため、問題を解きながら覚えるのが一番効率の良いやり方です。最初は教本を見ながら1問ずつ解きましょう。

ワイン受験.comの問題集には、出題の可能性があるほとんど全ての問題を用意しています。2016年の一次試験の出題の95%以上は、問題集に入っている問題でした。問題集をきちんとやれば、必ず合格できます。