ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

ロワール・品種

日本ソムリエ協会教本2017 P.374〜385

ロワール地方の品種

品種別名(重要度C)

ロワール地方で使われている下記の品種の別名は押さえておきましょう。

  • ミュスカデ: ムロン・ド・ブルゴーニュ(P.375右上)
  • シュナン・ブラン: ピノ・ド・ラ・ロワール(P.375右中)
  • カベルネ・フラン: ブルトン(P.375右下)
  • ソーヴィニヨン・ブラン: ブラン・フュメ(P.375右中)

例題: ロワール地方のAOCワイン Bourgueilの主たる品種を選択してください。品種は別名で表示されている事もあります。

  1. ムロン・ダルボワ
  2. スティーン
  3. ブルトン
  4. フュメ・ブラン

正解: 3

珍しい品種を使用するAOC(重要度B)

ロワール地方には、あまり知られていない品種や意外な品種を使用するAOCがいくつかあります。これらは全て覚えておきましょう。

  • ロゼ・ダンジュ(P.377右中): グロロー
  • クール・シュヴェルニ(P.382 表C): ロモランタン
  • コトー・デュ・ロワール、コトー・デュ・ヴァンドモア(P.383 表下): ピノ・ドーニス
  • プイィ・シュル・ロワール(P.384 表D): シャスラ

例題: 次のロワール地方のAOCワインの中からブドウ品種 Romorantinを使用できるものを選択してください。

  1. Cour-Cheverny
  2. Coteaux de Saumur
  3. Quarts de Chaume
  4. Touraine Noble-Joué

正解: 1

問題集をやりましょう

要点を一通り整理したらワイン受験.comの問題集をやりましょう。問題を解くと、問われるポイントが具体的にわかります。そのため、問題を解きながら覚えるのが一番効率の良いやり方です。最初は教本を見ながら1問ずつ解きましょう。

ワイン受験.comの問題集には、出題の可能性があるほとんど全ての問題を用意しています。2016年の一次試験の出題の95%以上は、問題集に入っている問題でした。問題集をきちんとやれば、必ず合格できます。