ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

ロワール・概論

日本ソムリエ協会教本2020 P.451〜469

ロワール地方の概論

概論(重要度C)

まずはロワール地方の概論 P.451〜453左下までの文章を一読し、出題されやすい下記のポイントを簡潔に覚えましょう。

  • フランス最大の大河ロワール川、全長1,000km(P.451左下)
  • 白ワインが5割(P.451左下)
  • 約2000年前、ローマ人がナントにブドウを植えた(P.451右下)
  • 1936年に最初のAOCが認定(P.452左中)
  • アンボワーズ城、ブロワ城、シャンボール城、シュノンソー城の歴史(P.452左下)
  • ワイン年間生産量(P.452右下)
  • ブドウ栽培面積(P.452右下)

例題: 次の特徴に合致するフランス、ロワール川中流域の城郭を選択してください。 「国王フランソワ1世が居住した城。近くにはレオナルド・ダ・ヴィンチが邸宅を与えられ死去するまでの3年間を過ごした。」

  1. アンボワーズ城
  2. シュノンソー城
  3. ブロワ城
  4. シャンボール城

正解: 1

生産地区(重要度B)

まずP.451上の地図をごらんください。ロワール地方には5つの生産地区があることを確認しましょう。(2018年までの教本では4地区でしたが、2019年からMassif Centralが追加になりました。)

さらにP.453〜463まで各地区の解説を一読してください。そして下記のポイントを整理しながら特徴を簡潔に覚えましょう。

  • おおざっぱな位置
  • 主たる都市: ナント、アンジェ、ソミュール、トゥール、オルレアン、クレルモン・フェラン
  • 気候
  • 土壌(P.455左上、P.458左中、P.461左下、「トゥファ」「カイヨット」「シレックス」「テール・ブランシュ」に注意)

例題: 次の中からフランス、ロワール渓谷地方のワイン産地をロワール川上流から下流の順序で正しく並べたものを選択してください。

  1. Centre Nivernais, Touraine, Anjou & Saumur, Pays Nantais
  2. Pays Nantais, Massif Central, Touraine, Centre Nivernais
  3. Pays Nantais, Anjou & Saumur, Centre Nivernais, Touraine
  4. Touraine, Centre Nivernais, Pays Nantais, Anjou & Saumur

正解: 1

例題: 次の中からフランス、ロワール渓谷地方アンジュ地区の主な気候を選択してください。

  1. 海洋性気候
  2. 大陸性気候
  3. 地中海性気候
  4. 半大陸性気候

正解: 1

例題: 次の中からフランス、ロワール渓谷地方、プイィ・フュメ東部に見られる石灰岩の小石を選択してください。

  1. カイヨット
  2. テール・ブランシュ
  3. クラス・ド・フェール
  4. トュファ

正解: 1

問題集をやりましょう

要点を一通り整理したらワイン受験.comの問題集をやりましょう。問題を解くと、問われるポイントが具体的にわかります。そのため、問題を解きながら覚えるのが一番効率の良いやり方です。最初は教本を見ながら1問ずつ解きましょう。

ワイン受験.comの問題集には、出題の可能性があるほとんど全ての問題を用意しています。問題集をきちんとやれば、必ず合格できます。