ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

ジュラ・サヴォワ・概論・品種

日本ソムリエ協会教本2017 P.311〜318

概論

ジュラ地方の概論(重要度B)

まずはジュラ地方の概論 P.311〜312左までの文章を一読し、出題されやすい下記のポイントを簡潔に覚えましょう。

  • ルイ・パストゥールの名前と功績(P.311右下)
  • ジュラ地方の気候(P.312左中)
  • ジュラ地方の中心都市アルボワ(P.311右地図)
  • ジュラ地方のワイン年間生産量(P.312左下)
  • ジュラ地方のブドウ栽培面積(P.312左下)
  • ジュラ地方が属するフランス地域圏(P.312左上)

例題: 次の中からジュラ地方の気候を選択してください。

  1. 大陸性気候
  2. 半大陸性気候
  3. 海洋性気候
  4. 地中海性気候

正解: 2

例題: 次の中からジュラ地方の出身でアルコール発酵のメカニズムを解明した人物を選択してください。

  1. マニュエル・ヴァルス
  2. ジャン・アントワーヌ・シャプタル
  3. ジョゼフ・ルイ・ゲイリュサック
  4. ルイ・パストゥール

正解: 4

サヴォワ地方の概論(重要度C)

サヴォワ地方も同様に概論 P.313右下〜315左上までの文章を一読し、出題されやすい下記のポイントを簡潔に覚えましょう。

  • サヴォワ地方の気候(P.314右下)
  • サヴォワ地方の中心都市シャンベリー(P.314右地図)
  • サヴォワ地方のワイン年間生産量(P.315左上)
  • サヴォワ地方のブドウ栽培面積(P.315左上)

例題: 次の中からサヴォワ地方の中心都市でサヴォワ公国の首都として栄えたところを選択してください。

  1. ナンシー
  2. グルノーブル
  3. シャンベリー
  4. ポワティエ

正解: 3

品種

主要品種(重要度C)P.312、P.315

ジュラ・サヴォワ地方で使われている主要品種の名前と特徴を簡潔に覚えましょう。別名がある場合には合わせて覚えてください。聞き慣れない名前の品種も多いのですが素晴らしいワインが生産されています。

なお、P.315左上、「シャスラ」と「アルテス(ルーセット)」は、行がくっついていますが全く別の品種です。

例題: 次の中からジュラ地方のシャトー・シャロンなどでヴァン・ジョーヌを生み出す品種を選択してください。

  1. ピノ・ノワール
  2. プールサール
  3. シャスラ
  4. ナチュレ

正解: 4

例題: 次の中からサヴォワ地方の主要品種で、スイスでは最も栽培されている白ブドウ品種を選択してください。

  1. シャスラ
  2. アルテス
  3. ルーセット
  4. シャルドネ

正解: 1

問題集をやりましょう

要点を一通り整理したらワイン受験.comの問題集をやりましょう。問題を解くと、問われるポイントが具体的にわかります。そのため、問題を解きながら覚えるのが一番効率の良いやり方です。最初は教本を見ながら1問ずつ解きましょう。

ワイン受験.comの問題集には、出題の可能性があるほとんど全ての問題を用意しています。2016年の一次試験の出題の95%以上は、問題集に入っている問題でした。問題集をきちんとやれば、必ず合格できます。