ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

ギリシャ

日本ソムリエ協会教本2018 P.412〜427

産地(重要度B)

ギリシャで重要な産地は下記のところです。

  • ナウサ(P.421左中)
  • 中央ギリシャ(P.423左下)
  • ネメア(P.425左中)
  • サントリーニ島(P.426左下)
  • サモス島(P.426右中)

それぞれ下記の事を覚えましょう

  • おおざっぱな位置(P.419地図)
  • 主たる品種(はっきり書かれているところのみ)
  • 簡単に特徴を

例題: 次の説明に最も良く合致するギリシャの産地を選んでください。 「レッツィーナを含む日常消費用ワインが大量に造られてきた地方。サヴァティアノはギリシャ最大の栽培面積を有する。」

  1. 中央ギリシャ
  2. マケドニア地方
  3. ペロポネソス半島
  4. トラキア地方

正解: 1

例題: 次の中からギリシャのワイン産地 Nemea の主要品種を選択してください。

  1. クシノマヴロ
  2. サヴァティアノ
  3. アギオルギティコ
  4. アシルティコ

正解: 3

問題集をやりましょう

要点を一通り整理したらワイン受験.comの問題集をやりましょう。問題を解くと、問われるポイントが具体的にわかります。そのため、問題を解きながら覚えるのが一番効率の良いやり方です。最初は教本を見ながら1問ずつ解きましょう。

ワイン受験.comの問題集には、出題の可能性があるほとんど全ての問題を用意しています。2017年の一次試験の出題の95%以上は、問題集に入っている問題でした。問題集をきちんとやれば、必ず合格できます。