ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

ドイツ・スパークリング、ロゼ、VDP

日本ソムリエ協会教本2021 P.118〜150

スパークリングワインとロゼワイン

ドイツには下記のような特別な名前のスパークリングワイン(P.127左上〜127右下)とロゼワイン(P.127右下〜128左中)があります。まず解説を軽く読んでください。

  • スパークリングワイン
    • Perlwein
    • Schaumwein
    • Deutscher Sekt
    • Pét-Nat
  • ロゼワイン
    • Weißherbst
    • Blanc de Noirs(シャンパーニュのBlanc de Noirs、P.355左上と同名だが意味が異なるので注意)
    • Rotling
    • Schillerwein
    • Badisch Rotgold

それぞれの名前(重要度B)

最初に名前を整理しましょう。どれがスパークリングで、どれがロゼか分かるようになってください。

例題: 次の中からドイツ産のスパークリングワインを選択してください。

  1. Rotling
  2. Pét-Nat
  3. Schillerwein
  4. Badisch Rotgold

正解: 2

特徴(重要度C)

次に簡単に特徴を押さえましょう。

例題: 次の説明に最も合致するドイツ産スパークリングワインを選択してください。 「一次発酵の途中で瓶詰めして炭酸をワインに溶け込ませる、メトード・アンセストラルと同様の製法で醸造する。」

  1. Sekt b.A.
  2. Deutscher Sekt
  3. Pét-Nat
  4. Schaumwein

正解: 3

VDP

ドイツにはVDPプレディカーツヴァイン醸造所連盟という団体があり、加盟生産者が造るワインは近年注目されています。出題される可能性が高いので押さえておきましょう。

4段階の品質基準(重要度B)

P.129右上のイラストをごらんください。4段階のカテゴリーの名前を覚えましょう。また、P.129右下「グーツヴァイン」〜P.130右上「グローセ・ラーゲ」までの解説を一読しておきましょう。

例題: 次の中からドイツのVDPプレディカーツヴァイン醸造所連盟が定める4段階の品質基準の中で、最高級クラス(特級区画)に相当するクラスを選択してください。

  1. Großlage
  2. Große Lage
  3. Erste Lage
  4. Gutswein

正解: 2

上記の問題、選択肢1のGroßlageは集合畑という意味なので間違いです。紛らわしいのでご注意ください。(P.124右上)

グローセ・ラーゲ(重要度C)

4段階の品質基準の中では、最上位のグローセ・ラーゲが最も重要です。これについては規定をもう少し詳しく押さえておきましょう。

例題: 次の中からドイツのVDPプレディカーツヴァイン醸造所連盟が定める品質基準の中で、VDP Große Lageの規定として適切なものを選択してください。

  1. 村名と認定畑名を合わせて記載する
  2. ヘクタール当たりの収穫量は75ヘクトリットル以下
  3. 収穫は選別しながらの手作業
  4. 単一の品種を使用

正解: 3

問題集をやりましょう

要点を一通り整理したらワイン受験.comの問題集をやりましょう。問題を解くと、問われるポイントが具体的にわかります。そのため、問題を解きながら覚えるのが一番効率の良いやり方です。最初は教本を見ながら1問ずつ解きましょう。

ワイン受験.comの問題集には、出題の可能性があるほとんど全ての問題を用意しています。問題集をきちんとやれば、必ず合格できます。