ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

カナダ・ワイン法、産地

日本ソムリエ協会教本2017 P.175〜181

カナダのワイン法(重要度C)

カナダのワイン法については、下記のポイントを簡潔に押されておきましょう。

  • VQAとは(P.176右上)
  • DVAとは(P.176右上)

例題: 次の中からカナダの特定栽培地域の略称を選択してください。

  1. DO
  2. OPE
  3. DVA
  4. VQA

正解: 3

産地(重要度A)

カナダでブドウ栽培面積最大のワイン産地はオンタリオ州で、二番目の産地はブリティッシュ・コロンビア州です。そして両州の中で最も重要なワイン産地は下記のとおりです。この2つは簡単に特徴を押さえておきましょう。

  • オンタリオ州: ナイアガラ・ペニンシュラ(P.178左上)
  • ブリティッシュ・コロンビア州: オカナガン・ヴァレー(P.179右下)

例題: 次の説明に最も良く合致するカナダのDVAを選んでください。 「太平洋から300kmほど内陸に位置し、米国との国境から北へ細長く延びた産地。」

  1. Prince Edward County
  2. Vancouver Island
  3. Lake Erie North Shore
  4. Okanagan Valley

正解: 4

この二つの産地については、P.175の地図でおおざっぱな位置も確認しておきましょう。

例題: 次の説明に最も良く合致するカナダのDVAを選んでください。 「オンタリオ湖とエリー湖を区切る位置にある産地。」

  1. Okanagan Valley
  2. Vancouver Island
  3. Prince Edward County
  4. Niagara Peninsula

正解: 4

問題集をやりましょう

要点を一通り整理したらワイン受験.comの問題集をやりましょう。問題を解くと、問われるポイントが具体的にわかります。そのため、問題を解きながら覚えるのが一番効率の良いやり方です。最初は教本を見ながら1問ずつ解きましょう。

ワイン受験.comの問題集には、出題の可能性があるほとんど全ての問題を用意しています。2016年の一次試験の出題の95%以上は、問題集に入っている問題でした。問題集をきちんとやれば、必ず合格できます。