ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

ボルドー・AOC

日本ソムリエ協会教本2017 P.358〜373

ボルドー地方のAOC

重要AOC(重要度C)

ボルドー地方で重要なのは下記の生産地区にあるAOCです。これらの地区の中にあるAOCは全て覚えましょう。

  • メドック地区(P.371 表B)
  • グラーヴ地区(P.371 表C)
  • サンテミリオン地区(P.371 表D)
  • ポムロル地区(P.372 表E)
  • ソーテルヌ・バルサック地区(P.373 表I)

下記のポイントを押さえてください。

  • どの地区に属するのか
  • おおざっぱな位置(3つの川の右岸か左岸かに注意)
  • 生産可能なワインの色

例題: 次のAOCワインの中から、ドルドーニュ川右岸で生産されているワインを選択してください。

  1. Pauillac
  2. Barsac
  3. Lalande-de-Pomerol
  4. Sauternes

正解: 3

例題: 次の中からボルドー地方のAOCワインの産地をガロンヌ川およびジロンド川の上流から下流の順序で正しく並べたものを選択してください。

  1. Céron, Barsac, Pessac-Léognan, Margaux
  2. Sauterne, Céron, Margaux, Pauillac
  3. Pauillac, Saint-Julien, Saint-Estéphe, Sauterne
  4. Céron, Saint-Estéphe, Pauillac, Saint-Julien

正解: 2

貴腐ワインを生産するAOC(重要度A)

ボルドーには貴腐ワインを生産するAOCが6つあります。(P.373 表I)これらは正確な位置まで覚えておきましょう。(P.370 左上地図)

例題: 次のAOCワインの中から、ドルドーニュ川とガロンヌ川の間で生産されている甘口ワインを選択してください。

  1. Sainte-Croix du Mont
  2. Barsac
  3. Crémant de Bordeaux
  4. Pauillac

正解: 1

赤ワインのみ生産可能なAOC(重要度B)

赤ワインのみを生産するAOCも良く出題されます。P.371 表A〜P.373 表Iの中から整理して覚えておきましょう。

例題: 次の中からボルドー地方で赤ワインのみが認められているAOCを選択してください。

  1. クレマン・ド・ボルドー
  2. ムーリス
  3. アントル・ドゥー・メール・オー・ブノージュ
  4. ボルドー・ロゼ

正解: 2

問題集をやりましょう

要点を一通り整理したらワイン受験.comの問題集をやりましょう。問題を解くと、問われるポイントが具体的にわかります。そのため、問題を解きながら覚えるのが一番効率の良いやり方です。最初は教本を見ながら1問ずつ解きましょう。

ワイン受験.comの問題集には、出題の可能性があるほとんど全ての問題を用意しています。2016年の一次試験の出題の95%以上は、問題集に入っている問題でした。問題集をきちんとやれば、必ず合格できます。