ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

アルゼンチン・産地

日本ソムリエ協会教本2017 P.121〜127

産地

州(重要度A)

P.123右中「主要産地の生産状況」をごらんください。アルゼンチンのワイン産地は、北部地方、クージョ地方、パタゴニア地方の3つに分類され、さらにその中に州があります。クージョ地方のメンドーサ州が最も重要な産地です。

  • 北部地方
    • サルタ州
    • カタマルカ州
    • トゥクマン州
  • クージョ地方(中央部)
    • メンドーサ州(最重要産地)
    • サン・ファン州
    • ラ・リオハ州
  • パタゴニア地方(南部)
    • ネウケン州
    • リオ・ネグロ州
    • ラ・パンパ州

まず最初に、各州がどの地方に位置するのかを覚えましょう。

例題: 次の中からアルゼンチン中央部のクージョ地方に位置する州を選択してください。

  1. メンドーサ
  2. ネウケン
  3. リオ・ネグロ
  4. トゥクマン

正解: 1

また、P.121の地図で各州のおおざっぱな位置も確認しておきましょう。

例題: 次の中からアルゼンチンのワイン生産地の中で最も南に位置している州を選択してください。

  1. リオ・ネグロ
  2. メンドーサ
  3. トゥクマン
  4. ラ・リオハ

正解: 1

2016年の世界最優秀ソムリエコンクールは、アルゼンチンのメンドーサで開催されました。この事も覚えておきましょう。

例題: 次の中から2016年にアルゼンチンで世界最優秀ソムリエコンクールが開催された州を選択してください。

  1. メンドーサ
  2. リオ・ネグロ
  3. サルタ
  4. トゥクマン

正解: 1

DOC認定の産地(重要度A)

P.124左上をごらんください。アルゼンチンにはDOC認定の産地が2つあります。2つともメンドーサ州に集中しています。名前を覚えておきましょう。

例題: 次の中からアルゼンチンのDOC認定の産地を選択してください。

  1. マイプ
  2. トゥプンガト
  3. ヴァジェス・デル・ファマティナ
  4. サン・ラファエル

正解: 4

主要産地の特徴(重要度B)

アルゼンチンの重要産地は下記の通りです。どの州にあるのか、また代表的な品種など特徴を簡単に覚えておきましょう。

  • カファジャテ(P.124左下): サルタ州、トロンテス・リオハーノ
  • ルハン・デ・クージョ(P.125左下): メンドーサ州、マルベック
  • サン・ラファエル(P.125右下): メンドーサ州、シュナン・ブラン
  • サン・ファン州(P.125右下): シラー
  • ラ・リオハ州(P.126左下): トロンテス・リオハーノ

例題: 次の中からアルゼンチンの産地カファジャテが位置する州を選択してください。

  1. ラ・リオハ州
  2. サルタ州
  3. リオ・ネグロ州
  4. メンドーサ州

正解: 2

例題: 次の中からアルゼンチンの産地サン・ファンを代表する品種として最も適切なものを選択してください。

  1. シュナン・ブラン
  2. シラー
  3. ボナルダ
  4. テンプラニーリョ

正解: 2

問題集をやりましょう

要点を一通り整理したらワイン受験.comの問題集をやりましょう。問題を解くと、問われるポイントが具体的にわかります。そのため、問題を解きながら覚えるのが一番効率の良いやり方です。最初は教本を見ながら1問ずつ解きましょう。

ワイン受験.comの問題集には、出題の可能性があるほとんど全ての問題を用意しています。2016年の一次試験の出題の95%以上は、問題集に入っている問題でした。問題集をきちんとやれば、必ず合格できます。