ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

ソムリエとワインエキスパートのレベルの差

ソムリエとワインエキスパートの受験者では、どちらがレベルが高いのでしょうか? 少し前までは「プロを目指してるんだからソムリエの方がレベルが高いよ」と言われていました。しかし近年はそうでもないな、と感じています。ワイン受験.comに蓄積されているデータを基に改めて比較してみました。

このサイトでは、利用者が解いた全ての練習問題の成績を匿名で記録しています。ある期間の利用者の中から、ソムリエとワインエキスパートの受験者各1,000名をランダムに選び出し、成績を比べてみました。

1,000名の中には、ほとんど問題を解いていない(つまりあまりこのサイトを使っていない)人もいましたので、そういう人を除外すると、下記のようなデータが得られました。

利用者の成績(100点満点換算)

ソムリエワインエキスパート
サンプル数858883
標本平均74.1977.27
標本分散160.78196.28

これを見ると、まずソムリエは分散が小さい、つまり成績にバラツキが少ないのが分かります。一方でワインエキスパートは、できる人とできない人の差が大きくありますね。

しかし平均点は、今やワインエキスパートの方がわずかに良い成績です。これが誤差の範囲内なのか、または本当にレベルの違いがあるのか? 「対応のない2標本のt検定」と呼ばれる統計学の方法で両者を比較してみました。結果は下記の通りです。

両者を合わせた推定母分散178.99
両者の差の標準誤差0.64
t値4.802
p値0.0000017

統計学的には、t値が2.576以上であれば有意水準1%で差があったと認定されます。つまり99%以上の確率で両者には有意な差があります。今や間違いなくワインエキスパートの方が、少なくとも一次試験受験時には知識のレベルが高い、という事が言えるようです。

昔は、ワインエキスパートの方がレベルが低いと言われていましたが、今はそんなことはありません。受験者のレベルはプロを目指す人以上です。受験される方は引け目を感じること無く、また誇りを持って試験に臨んでください。