ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

受講生の声・Carrieさん

第1章 やることを絞り込み、捨てられるところは全部捨てる

7月から勉強を開始し、無事に一発合格できました。受験のきっかけは、リゾートバイトで日本を一周中、たまたまあるソムリエに出会い、興味を持ったことが始まりです。その頃は、ピノノワールが赤か白かも知らないような状態でした。

ただの興味本位で「独学 ソムリエ」でググったところ、「ワイン受験.com」に一瞬で惹きつけられ、受験を決めました。その時既に7月中旬でしたので、大至急、

をし、東京行きのフライトを購入しました。そこから、約1ヶ月間にわたる一次試験の猛勉強が始まります。

1ヶ月間にやったことは4つだけ

1ヶ月間の一次試験対策で、やったことはこれだけです。(私はワイン受験.comの動画・練習問題でのみ勉強をしました。その他の教材は一切使用していません。)

  1. 受験対策直前講座」に出席し、山崎先生が覚えてと言ったことを素直に覚える
  2. 動画を観る → ノートにまとめる → 練習問題を解くの繰返し(重要度Aの項目から勉強しました)
  3. 地図問題対策として、それぞれの国の地図を大きな画用紙に書き、そこにAOCや生産可能色を書き、視覚で覚える
  4. 最後にワイン受験.comの模擬試験を解く → 間違えたところをひたすら勉強 → また模擬試験の繰返し

これだけです。勉強時間は、1日約10時間、1ヶ月間です。

捨てられるところは全部捨てた

とにかく時間がなかったので、不得意&やる気が出なかった下記の項目は、完全に捨てました。(ワイン受験.comの試験問題集の順番通りで記しています)↓【捨てた項目】

  • ブルゴーニュ: グランクリュ、その他
  • ボルドー: 格付け(実践)
  • VDN・VDL・新酒
  • 各国の料理
  • チーズ

これらを捨てても無事一次通過できました! 一番大事なのは、モチベーションを落とさず、勉強を続けることです。不得意なものは捨てましょう。