ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

合格体験記・山田由華さん

合格を力強くサポートしてくれたワイン受験.com

JSAの一次試験は膨大な暗記が必要です。日常的にワインを飲む愛好家や、仕事で毎日ワインを扱っている方も、体系的に学習しなければ簡単に不合格になってしまう試験だと思います。

わたしもごく一般的なワイン愛好家でしたので、試験の全容を知ったときには大変にあせりました。漫然としていた知識を体系的に切り替えようと思ったとき、ワイン受験.comを活用しはじめました。

ワイン受験.comとは

ワイン受験.comは、本番形式の四択問題が、産地や学習項目ごとに集められ、膨大な量の練習問題をマイペースで取組める演習ドリルです。スマートフォンやモバイル端末にも対応しています。

わたしは学習が間に合わないときはスマートフォンを使い、移動中の電車や空港のラウンジ、カフェなどで取組んでいました。

ワイン受験.comの活用法

以下、ワイン受験.comの具体的な活用方法をお話したいと思いますので参考になれば幸いです。

最初にやったこと

学習は4月から始めました。最初に参考書やソムリエ教本で自習をした範囲や、ワインスクールで講義を受けた範囲を産地別にワイン受験.comで演習し、とけない問題を何度も練習しました。

次にやったこと

次に期間をあけて二回ほど、古い順番に学習した範囲をもう一度解きました。これで知識はほぼ定着していたと思います。

最後の仕上げ

そして約一ヶ月前からは、以前の範囲を復習しながら模擬試験問題をプリントアウトして取組みました。産地別学習では正解でも模擬試験では不正解になる問題がありましたので、気をつけながら何度もときました。

直前の二週間前からは模擬試験のみに切り替え演習しました。この時期に何度もくじけそうになったのですが、勉強しやすい環境を作り、友人と励まし合うことで乗り越えることが出来ました。

わからないところは?

学習をすすめるうちに、内容が混乱してきたらすぐにテキストや参考書に戻ってインプットのやり直しをおすすめします。試験直前で混乱しているとあせりもあり、整然とさせるのが大変です。

また、質問は些細なことでもしたほうがいいと思います。わたしが通っていたアカデミーデュヴァンの先生は大変丁寧なご指導で、質問にはすぐに返答してくださいました。正直なところ、今思えば「ちょっとはずかしかったな……。」という質問もあります。

最後に、受験中にサポートしてくださったワインスクールの先生、友人、家族をはじめとする周囲の方々へ心からの感謝をしたいとおもいます。本当にありがとうございました。これからもご指導、ご鞭撻をお願い申しあげます。