ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

ソムリエ試験 合格者の感想とアドバイス 中川訓さん

7月上旬に受験を決意、時間がない...

私がソムリエ挑戦を思い立ったのは2021年の7月上旬、犬の散歩友達の女性でワインエキスパートの資格をお持ちの方が「ポルトガルワインインポーターをされているのだから、是非ソムリエを目指されたら良いですよ、私もソムリエに憧れている、中川さんならその資格があるのだから」と言われるのを真に受けて、じゃあやってみるかと思い立ちました。

しかし、時間がない・・・普通1年近くも掛けて勉強するのに一次試験の最終日まで2カ月も無い。どうしようと思っていた時、別のワインエキスパートの友人が、山崎先生のワイン受験.comを紹介して呉れました。

これが私がこうして合格体験記を書かせて戴けている出発点です。早速ウェッブでの受講を進め、仕事の合間に時間があればまずこの講義を聞いていました。そして合わせてソムリエ協会の教本を繰り返しチェック。60歳を超えた人間には暗記は厳しいものがありましたが、山崎先生のウェッブ講義で指摘された事を理解した上での暗記だったので、興味を持ちながら効率良く覚える事も出来ました。

二次試験もゼロからの挑戦

一次試験は全く自信がなかったのですが、何とか合格。こんな短期間の準備で一次を通過すると思っていなかったので二次対策は一次合格発表の後、ゼロから始めなくてはいけませんでした。またまた時間が無い。そこで再度山崎先生の「テイスティング理論講座」に申し込みました。

これはリアルでの対面講座。これも良かった。特に結果的には「点が稼げるコメント」が極めて有効でした。二次試験ではブドウ品種は全滅。でもコメントが高得点を取れたので合格したと思います。

そして三次のサービス実技、こちらも多々ミスはあったのですが、論述が上手く書けていたのか、何とか最終合格を勝ち取れました。

本当にこんな短期間にソムリエになれるとは夢にも思っていませんでした。山崎先生、有難うございます、改めてお礼を申し上げると共に、これからはワインラバー同士としてお付き合い頂ければ嬉しいです。

Merci beaucoup Monsieur Yamasaki