ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

合格体験記・大河原麻里さん

私は20代前半からワインに親しんでおり、以前からワインエキスパートの資格にも興味はありました。しかし、数年前まで地方在住でしたので近くにワインスクールもなく、行きつけのレストランのスタッフの方等が受験に苦労されているのも垣間見ておりましたので、この試験は大変難易度の高い試験だという認識がありました。

独学で受験なんて考えられませんでした。東京に住むようになり、ワインを体系的に勉強したいとアカデミー・デュ・ヴァンの門をたたきました。受験対策講座で山崎先生の授業を受け、そこでワイン受験.comの存在を知ったのです。

地方在住者や独学者でも効率的に重要ポイントを押さえた学習が出来、時間のない方でも最短距離で合格ラインまで導いてくれる優良ツール、それがワイン受験.comだと思いました。正直もっと早くに出会っていれば、スクールに通わずに受験していたかもしれません。

私の一次試験対策

1. 重要ポイントの把握とその暗記

各章のテキストを一読後、その後、ワイン受験.comにある重要ポイントを中心にノートにまとめ暗記。重要産地など、学習と定着に時間のかかる章から先に取り組みました。後々反復学習が出来、定着率のアップに繋がりました。

※ この段階は、各章の全体像の把握と最重要ポイントの暗記が目的です。白地図を利用し、各産地の重要ポイント等を書き込んだノートは暗記用にはもちろん、試験直前の確認の際にも大いに役立ちました。今でもあれ?っと思った時開くのはこのノートです。

2. 学習した章のワイン受験.comの問題集を解く

最初は問題集の得点率は低いですが、わからないところをテキスト等で確認、ノートに追加しつつまた解きます。この繰り返しです。あまりに正答率が低く落ち込む方も多いでしょう。私もそうでした。

でも繰り返し解き、時間を置いてまた繰り返すうちに少しずつ定着していきます。問題集と単語帳は、電車での移動時間などスキマ時間でも出来るのでとても便利です。ほとんどがスキマ時間での利用でした。

※ ここでは1.で覚えた最重要ポイントの定着とそこに肉付けをする作業です。問題集を解き、足りない部分を補っていくことで、点でしかなかったばらばらの知識が繋がって徐々に体系化することができました。

ここまでやった時点で残り1か月を切っていました。

3. 過去問、ワイン受験.comの模擬試験を解く

とにかく解きます。ここでは小さなサイズの間違いノートを作りました。間違えた問題、まだ覚えきれていないところを箇条書きにし、パッと見やすいようにゆったりと書き、時間さえあれば常にチェックしました。

すでに書き込んである所をまた間違えたら再度書き込みました。過去問は数に限りがあるし古いものは傾向が違ったりしますが、ワイン受験.comの模擬試験は何度でも解くことができます。繰り返し模擬試験を解くことで一歩ずつ合格に近づいているという自覚が持てました。

また、出題率の低い産地などここまであまり勉強していなかった分野は、この段階で問題集を利用して一気に暗記しました。

※ 最後の記憶の定着と穴埋めの作業です。ここでも大事なのは繰り返しだと思います。市販の問題集は問題数も多くありませんが、ワイン受験.comは何度でも解くことができる、ここが最大のメリットです。また模擬試験は、本番より難易度の高い問題も含まれているように感じました。ですので、これを何度も解くことにより高得点も期待できるようになると思います。

一次試験本番は130点満点中122点という結果でした。20分程度で最後まで解き終わったので、再度ゆっくり解きなおす時間がとれました。本番の得点も早いスピードで回答できたのも、ワイン受験.comの問題集と模擬試験を繰り返し解いたおかげです。

一次試験の学習においての私の反省点

スクールの授業は3月後半からスタートしていましたが、当初のんびり構えてしまいました。授業で宿題に出されたボルドーの格付けの暗記はしましたが、昔から大好きなブルゴーニュの知識がある程度あるのをいいことに、1.の学習を始めたのは実は5月になってからでした。

その時点で慌てて学習計画を立て直しました。1. 2.を2か月半で終わらせる新計画でしたが、白地図やノート作りに時間をかけてしまい、後半は切羽詰まる状況となりました。どうにか7月中に終わらせることが出来ましたが、家族には多少迷惑をかけたと思います。今となってはこれらのノートは、いつでも開いて確認できる大切なオリジナルノートとなっています。

私は、試験に合格するための最低限の知識ではなくしっかりとした基礎知識を得たかったので、ノート作りに時間をかけ、頻出ではないところも比較的丁寧に学習しましたが、多忙な方が合格を目的として学習する場合、もっと短期間でもワイン受験.comを中心にやっていけば合格を勝ち取ることが出来ると思います。

地方にお住まいでスクールが近くにない方、またはお忙しくてスクールに通えない方の最強の味方がこのワイン受験.comです。

ワイン受験.comを最大限に活用し合格を勝ち取って、あとは乾杯するのみ!健闘 を祈ります。