ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

ソムリエ試験 合格者の感想とアドバイス M.SUDOHさん

第7章 推薦する試験対策・CBT試験が始まったら

  1. ネットに上がった問題のチェック

    ポイントはネットに上がった問題の答えを協会の教本で探し、出題された周辺を詳しく読むことだと思います。

    例: 山田錦の生産量や命名年が問われたら、著名な産地の三木市や加東市もチェックする感じです。試験では「旧美嚢郡吉川町にある産地を選べ」と出題されました。当日は三木市と加東市までは絞れたのですが、あれどっちだっけ? と焦りました。丁寧に読み込むことが大切かと思います。

  2. 出題された産地を協会の教本の地図で覚える

    ここは国別冒頭の大きな地図だけでなく、教本の中にある小さな地図もです。

    例: 2018年版のP.550の「ポートとドウロの地図」で「Cima Corgo」を選ばせる問題が出題されました。出題された地図は自分の参考書にコピーして貼り付けると良いと思います。

  3. 総復習(問題集の単元ごと)及びワイン受験.comの模擬試験でできなかったところを復習する。

  4. 各ワインスクールで実施される模擬試験を受験する

  5. 山崎和夫のワインスクール・受験対策直前講座2019に参加する

    特に最終日の「試験に関する最新情報と補足説明」に参加すると良いと思います。