ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

新酒・VDN・VDL

日本ソムリエ協会教本2017 P.386〜388

VDN・VDL

概論(重要度C)

まずはVDN、VDLに関する記述(P.386左中〜左下)を一読し、出題されやすい下記のポイントを簡潔に覚えましょう。

  • VDNとは: 発酵中にアルコールを添加した甘口
  • ミュタージュとは: アルコールを添加すること
  • VDLとは: ブドウジュースにアルコールを添加した甘口
  • ランシオとは: 太陽にさらした樽の中で熟成させたワイン

AOC

P.387〜P.388の表をごらんください。この表のAOCは全て覚える必要がありますが、詳しく覚える必要はありません。下記のポイントのみ押さえておいてください。

  • 名前を見て、VDNなのかVDLなのか区別が付く(重要度A)
  • 何地方で造られているか(重要度B)

FrontignanはVDN、VDL両方あることに注意しましょう。

例題: 次の中からフランスのVins de Liqueurを選択してください。

  1. Clairette du Languedoc
  2. Rasteau
  3. Muscat de Saint-Jeande Minervois
  4. Banyuls Grand Cru

正解: 1

例題: 次の中からフランスのルーシヨン地方のVins Doux Naturelsを選択してください。

  1. Muscat du Cap Corse
  2. Muscat de Mireval
  3. Floc de Gascogne
  4. Maury

正解: 4

品種(重要度C)

下記のワインについては、品種も押さえておきましょう。

  • Rasteau: グルナッシュ
  • Frontignan: ミュスカ・ブラン・ア・プティ・グラン
  • Maury: グルナッシュ
  • Banyuls: グルナッシュ
  • Pineau des Charentes: ユニ・ブラン

例題: 次の中からフランスのAOCワイン Mauryの主たる品種を選択してください。

  1. ユニ・ブラン
  2. グルナッシュ
  3. ムールヴェードル
  4. カリニャン

正解: 2

飲んでみよう

下記のVDN、VDLは、二次試験のテイスティングでも出題されます。飲んだことのない方は飲んでおきましょう。特徴のある味わいなので、一度飲めば覚えられます。

  • Muscat de Beaumes de Venise
  • Banyuls
  • Pineau des Charentes

問題集をやりましょう

要点を一通り整理したらワイン受験.comの問題集をやりましょう。問題を解くと、問われるポイントが具体的にわかります。そのため、問題を解きながら覚えるのが一番効率の良いやり方です。最初は教本を見ながら1問ずつ解きましょう。

ワイン受験.comの問題集には、出題の可能性があるほとんど全ての問題を用意しています。2016年の一次試験の出題の95%以上は、問題集に入っている問題でした。問題集をきちんとやれば、必ず合格できます。