ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

ボルドー・格付け(サン・テミリオン、ソーテルヌ&バルサック)、その他

日本ソムリエ協会教本2018 P.372〜387

サン・テミリオン、ソーテルヌ&バルサックの格付け

サン・テミリオンの格付け(重要度B)

P.380〜P.381左上の表をごらんください。全て覚える必要はありません。プルミエ・グラン・クリュ・クラッセの18シャトーのみ、下記について覚えましょう。特にプルミエ・グラン・クリュ・クラッセの最高クラスである「A」の4シャトーに注意してください。(2018年CBT試験出題、2018年は「A」の4シャトーが問われました。)

  • シャトーの名前(カタカナでOK)
  • 「A」か、そうでないか
  • 所属するAOC(全てAOCサン・テミリオン・グラン・クリュです)

例題: 次のボルドー地方Saint-Émilion地区の格付けシャトーの中から、格付け等級が最も上位なものを選択してください。

  1. Château Mondotte
  2. Château Angélus
  3. Château Pavie Macquin
  4. Château Figeac

正解: 2

P.379左中をごらんください。サン・テミリオンは「コート」(石灰岩の高台)と「グラーヴ」(砂利と粘土質)という地区に分けられます。2018年のCBT試験では下記のような問題が出ました。難問ですが押さえておきましょう。

例題: 次の中からボルドー地方サン・テミリオン地区の「コート」と呼ばれるところに位置するシャトーを選択してください。

  1. Château Petit-Village
  2. Château Ausone
  3. Château Gazin
  4. Château Cheval Blanc

正解: 2

ソーテルヌ&バルサックの格付け(重要度B)

P.384下の表をごらんください。全て覚える必要はありません。プルミエ・クリュ・シュペリュールとプルミエ・クリュの合計12シャトーのみ、下記について覚えましょう。

  • シャトーの名前(カタカナでOK)
  • Premier Cru SupérieurかPremiers Crusか
  • 所属するAOC(全てソーテルヌかバルサックのどちらかです)

表右側のCommuneは村名まで覚える必要はありません。AOCだけで十分です。また、所属するAOCがバルサックなのは2シャトーだけで、残りは全てAOCソーテルヌです。ここは良く出題されますので注意してください。

例題: 次のボルドー地方Sauternes & Barsac地区の格付けシャトーの中からBarsac村で生産されているものを選択してください。

  1. Château Climens
  2. Château La Tour Blanche
  3. Château Sigalas Rabaud
  4. Château Guiraud

正解: 1

その他

ポムロールのシャトー(重要度B)

P.382左上の表をごらんください。ポムロール地区には格付けはありませんが、下記のような問題がよく出題されます。「ポムロールのシャトーだ」と分かるようにしておきましょう。(2018年CBT試験出題)

例題: 次の中からボルドー地方ポムロール地区のシャトーを選択してください。

  1. シャトー・レオヴィル・バルトン
  2. シャトー・クロ・オー・ペラゲ
  3. シャトー・ランシュ・バージュ
  4. ル・パン

正解: 4

問題集をやりましょう

要点を一通り整理したらワイン受験.comの問題集をやりましょう。問題を解くと、問われるポイントが具体的にわかります。そのため、問題を解きながら覚えるのが一番効率の良いやり方です。最初は教本を見ながら1問ずつ解きましょう。

ワイン受験.comの問題集には、出題の可能性があるほとんど全ての問題を用意しています。問題集をきちんとやれば、必ず合格できます。