ワイン受験.comロゴマーク ログインしていません

問題: 定義、分類、歴史(SAKE DIPLOMA)

コンピュータが選択した7問が表示されています。新しい問題を表示する時には下記のボタンをクリックしてください。

(10秒くらいかかります)

問題用紙番号: 9741

問題1

次の中から奈良時代後半、朝廷用の酒造りのために設けられた国家の組織を選択してください。

  1. 蔵酒司
  2. 僧坊所
  3. 御酒所
  4. 造酒司

問題索引番号: SD-SAKE-010-4

問題2

次の中から、酒税法における日本酒の定義の中で、正しいものを選択してください。

  1. 米、米麹、水を原料として発酵させ、蒸留したもの
  2. でんぷん質原料や糖質原料を発酵させたアルコール含有物
  3. 清酒に醸造アルコールを加えてこしたもの
  4. 米、米麹、水を原料として発酵させ、こしたもの

問題索引番号: SD-SAKE-001-10

問題3

次の中から普通酒に醸造アルコール、糖類、酸味料などを加える時の上限を選択してください。

  1. 米の重量の10%まで
  2. 米の重量の25%まで
  3. 米の重量の50%まで
  4. 米の重量の75%まで

問題索引番号: SD-SAKE-002-14

問題4

次の中から全国清酒品評会が始められた年を選択してください。

  1. 1907年
  2. 1903年
  3. 1900年
  4. 1914年

問題索引番号: SD-SAKE-012-1

問題5

次の中から日本酒と単式蒸留焼酎の製造数量が逆転した年を選択してください。

  1. 2000年
  2. 2008年
  3. 2002年
  4. 2004年

問題索引番号: SD-SAKE-011-11

問題6

次の中から清酒の表示として正しいものを選択してください。

  1. 「樽酒」と表示する場合、木製の容器に入れて販売しなければいけない。
  2. 「生一本」とは、単一の製造場だけで醸造した特定名称酒である。
  3. 「最高」「第一」「代表」など品質が最上級を意味する用語は表示できない。
  4. 「原酒」と表示する場合、加水調整は認められない。

問題索引番号: SD-SAKE-004-11

問題7

次の中から日本酒の特定名称「大吟醸酒」の定義の一つとして正しいものを選択してください。

  1. 精米歩合60%以下
  2. 醸造アルコールの添加量は白米の重量の20%まで
  3. 原料は米、米麹、醸造アルコール
  4. 麹米25%以上

問題索引番号: SD-SAKE-003-6